[MLB]
杉浦大介「黒田は大丈夫? ヤンキース先発投手陣のサバイバルレース開始か」

開幕ダッシュ失敗の原因は先発陣

期待の大きかった黒田も最初の3戦で1勝2敗ともうひとつ。Photo by Kotaro Ohashi

 MLBのアメリカ本土開幕から約2週間が過ぎ、ヤンキースの先発ローテーション投手たちが意外な苦戦を味わっている。4月18日のツインズ戦を終えた時点で、先発投手の通算成績は4勝5敗、防御率5.77と無惨なもの。前評判が良かったヤンキースが、最初の12戦で6勝6敗と開幕ダッシュに失敗した最大の理由はここにあると言ってよい。

 ペーパー上は近年最高のメンバーが揃ったはずだった。ヤンキース移籍以来3年連続19勝以上のCCサバシアを絶対の大黒柱に、昨季新人ながら16勝を挙げたイバン・ノバ、一昨季18勝のフィル・ヒューズ、通算145勝のフレディ・ガルシアが脇を固める。

 さらに今オフにはドジャースでの過去3年で41勝を挙げた黒田博樹、昨季新人ながらオールスターに出場したマイケル・ピネダを獲得。春季キャンプ中には240勝左腕のアンディ・ペティートが現役復帰を表明し、新たなアクセントを添えることにもなった。こうして実績ある投手が7人も揃ったため、いずれ2人をブルペンに廻さなければいけないといううれしい悩みが話題になったほどだった。

 ところが、開幕前にピネダが右肩故障で離脱を余儀なくされ、さらにフタを開けてみれば、ほぼすべての投手たちが不調。今季最初の2登板で続けて勝ち星を挙げたのはノバだけで、残るサバシア、黒田、ヒューズ、ガルシアは防御率5点以上と低迷している。

 日本のファンの期待を背負う黒田も、この悪い流れをせき止めるには至っていない。4月13日のホーム開幕戦でこそエンジェルスを8回0/3まで無失点に抑え、「最高の気分」と笑顔をみせた。しかし、あとの2度の登板ではどちらも6失点(7日のレイズ戦では自責点は4)。18日には決して強力打線と言えないツインズにも打ち込まれてしまった。

監督、コーチが心配そうにマウンドに駆け寄るシーンが目立つ(背番号36はガルシア)。Photo by Kotaro Ohashi

「まだパニックボタンを押すのは早過ぎる。僕はうちの先発陣を信頼しているし、彼らが良い投手たちであることに疑いはないよ」

 捕手のラッセル・マーティンのそんな言葉は、もちろん正しいのだろう。2、3度の失敗に過剰反応すべきではないし、それぞれ確かな実績を持つ投手たちは徐々に調子を整えてくるのかもしれない。