雑誌
番組より面白い!仁義なき「視聴率」大戦争の内幕「三冠」日テレがフジをどんどん引き離す

 実に30年間、視聴率三冠王の杯は、この2局の間だけを往復している。今年日テレは8年ぶりにフジから三冠奪還を果たした。その舞台裏には、制作現場の狂騒と、二人の視聴率男のドラマがあった。

大改編が裏目に出て

「プロデューサーは視聴率が取れないなら、『ミヤネ屋』の放送作家を連れてこい!と檄を飛ばしていました。それくらい急を要する事態ということです」(放送作家)

 日本テレビとフジテレビの視聴率戦争が熾烈だ。同時間帯に放送されるライバル番組から放送作家を引きぬくというタブーまで口にするほど追い込まれている番組は、フジの4月改編の目玉だったワイドショー『知りたがり!』(月~金、14時~)。MCに伊藤利尋アナ、NHKからフリーに転じた住吉美紀アナ、さらにロンドンブーツ1号2号の田村淳の3人を据え、フジとしては実に12年ぶりの昼のワイドショー進出だったが、早くも大コケ。

 その惨憺たる数字は後述するが、焦っているのは同番組スタッフだけではない。7年連続で年間視聴率三冠王の座を守ってきたフジが、'11年1月3日~'12年1月1日の年間視聴率で日テレに首位の座を奪われ、年度三冠王('11年4月4日~'12年4月1日)の座まで同局に奪われたからだ。しかもこの1月から4月の間で、差は広がる一方である。

 視聴率は、全日(6時~24時)、ゴールデン(19~22時)、プライム(19~23時)の3部門で争われる。この3部門の'11年年間視聴率は、全日で日テレ8・0%、フジ8・0%(以下日テレ、フジの順)。ゴールデン12・6%、12・5%。プライム12・6%、12・5%と、パッと見にはたいした差のようにも思えないが、より詳細に見ていくと、日テレの躍進とフジの凋落が浮かびあがってくる。

「全日こそ8%と同率ですが、ゴールデンとプライムは日テレの伸びが目立ちます。それを示しているのが、'11年度の下半期('11年10月3日~'12年4月1日)の数字です。これで見ると、両局の差は全日で0・4ポイント、ゴールデンで0・5ポイント、プライムで0・6ポイントも開いている。全日視聴率が1%違えば、年間で見ると局に入るスポット広告の売り上げが200億円以上の差になるという世界。だからこそ、ゆゆしき問題なのです」(制作会社プロデューサー)

 視聴率はなぜ逆転したのか。勝敗を分けたのは、ドラマとバラエティだ。

「日テレ勝利の最大のポイントは、昨年末の『家政婦のミタ』の大ヒットに象徴されるドラマの成功です。枠別年間平均視聴率で比較すると、ミタが放送された水曜10時のドラマ枠の15・1%に対し、フジの看板ドラマ枠・月9(月曜9時~)は12・8%しかない。かつてはフジのストロングポイントだったバラエティも、日テレが圧倒している。

 それに加えて、今年に入ってからは、フジがリードを守ってきた朝昼の帯番組でも日テレが迫っています。『ZIP!』(日テレ系)は、『めざましテレビ』(フジ系)を猛追しているし、『ヒルナンデス!』(日テレ系)もあの『笑っていいとも!』(フジ系)を上回る回が出始めています」(放送ジャーナリスト)

 日テレの絶好調を示すデータは、ほかにもある。'11年度46週目('12年2月20~日26日)の週間視聴率トップ30の中に日テレは『笑点』19・8%、『ぐるぐるナインティナイン』18・6%、『東京マラソン』18・5%、『真相報道バンキシャ!』17・2%、『踊る!さんま御殿!!』17・0%など13番組がランクインした。それに対してフジは、『サザエさん』19・2%、竹内結子主演ドラマ『ストロベリーナイト』15・6%のわずか2本だけだった。

 劣勢を覆すため、フジはこの4月、朝昼の帯番組で大改編を敢行した。その一つが冒頭の『知りたがり!』だ。3月までは10時台に放送されていた同番組を、4月から14時台にスライドさせ、スタッフも一新した。裏の日テレの看板ワイドショー『情報ライブミヤネ屋』を狙い撃ちにしたかたちだが、今のところ、まるで勝負になっていない。大惨敗である。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら