シリーズ 2020年の世界から見た2012年の日本5
~セブン-イレブンが3万店になる日本の小売商圏~

1はこちらをご覧ください。
2はこちらをご覧ください。
3はこちらをご覧ください。
4はこちらをご覧ください。

文:西谷朝子

衝撃を与えたセブン-イレブンの増店計画

 セブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長が、2011年末、セブン-イレブンの国内の店舗数を数年以内に現在の2倍となる約3万店規模にするという考えを発表した。

 国内市場では消費飽和、オーバーストア状態、ひいては個別店舗の収益性の低下などが指摘されて久しい中、現在の2倍以上の規模となる3万店を出店するという発表は多くの関係者に驚きを与えた。もちろん、増店計画の中には他のコンビニエンスストアチェーンの買収もありうると考えられるが、それにしても2倍以上の店舗をもつということの意図、あるいは勝算はいったいどこにあるのだろうか。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら