[アイランドリーグ]
高知・定岡智秋監督「新人捕手・屋宜は失敗を恐れるな!」

開幕から勝てない原因

 開幕からの4試合は香川に連敗、福岡ソフトバンク3軍に1分1敗。まだ今季の初勝利をあげられていません。しかし、打線は15日のソフトバンク戦で13安打を放つなど、決して状態は悪くないと見ています。それでも勝てない要因は攻守ともに大事なところでミスをしているからです。

 特に守りにおいては、やらなくてもいい失点をたくさんしています。3-10と大敗した8日の香川戦では先発の山崎慎一郎と野原慎二郎がムダな四球を出して大量失点を喫しました。特に山崎は5回までまずまずの投球をしていただけに、もったいないの一語です。

 さらに今季2度目の登板となった15日のソフトバンク戦では、2-0とリードしながら不用意な1球で同点2ランを許してしまいました。打たれた場面は4回2死三塁。打席に入ったのは4番の外国人ジョシュ・ショートです。まだ塁も空いていることを考えれば、慌てて勝負する必要は全くありません。際どいところを突いて、最悪、四球でもやむを得ない状況でしょう。

 ところが山崎は初球で簡単にストライクを取りに行き、一発を浴びてしまいました。これは防げたと言っていい失点です。もちろん被弾の原因はキャッチャーにもあります。新人捕手の屋宜宣一郎はどうして初球から勝負する配球を選択したのか。痛い失敗を糧に学習してほしいと感じます。

 屋宜はキャッチャーとしてのみならず、バッターとしても素質のある選手です。しかし、リードで頭がいっぱいなのか、4試合を終えて打率.154と苦しんでいます。打席のなかで考え過ぎているため、なかなかバットが出てきません。野球というスポーツは積極性を失うと、いい結果には結びつかないものです。まだ経験も実力もないのですから、失敗は仕方ない。そう本人には伝えています。

 打席では狙い球を絞り、どんどん振っていく。そういう気持ちがまず彼には必要でしょう。真っすぐを狙っていて、変化球で空振り三振してしまうのは今はOKです。なぜ相手が変化球を投じてきたのか、それをよく分析し、切り替えて次の打席に臨めばいいだけです。バットを出さない限り、そういった勉強もできません。失敗をたくさんして、見つけた課題をひとつひとつクリアしていく。思い切ったプレーを屋宜には望んでいます。

 今季の高知は米独立リーグからやってきた新外国人のキース・ブラックオーを中心にしたオーダーを組んでいます。キースはパワーもあり、軸がぶれない好打者。日本の野球に適応すれば、どんどんホームランも増えてくるでしょう。3年前、リーグ史上最高の18本塁打を放ったフランシスコ・カラバイヨ(元オリックス)と比較しても、外野の守備力、走力は上です。

 あとはどのくらいNPBのスカウトにアピールできる長打力を示せるか。ガラバイヨは日本の野球にすぐ慣れて結果を残しました。キースは変化球への対応もまずまずですから、日本のストライクゾーンを早く身につけて打ちまくってほしいものです。