雑誌
首都直下型地震で「山手線が 崩壊する!」

 築100年超の高架、盛り土区間、脆弱な橋脚・・・次々と見つかる危険な箇所。JR東日本は対策に520億円を投じると言うが、「アメ横」「有楽町ガード下」を〝営業中〟のままでは耐震補強できず、いったいどうする?

 首都圏の大動脈と呼ばれるJR山手線は、ピーク時には1時間に24~25本が走行するほどの過密ダイヤで運行されている。乗車率は200%を超えることも多く、その時間帯の利用者は最大15万人にも上る。そんな山手線を巨大地震が襲ったならば、乗客の身の安全は守られるのか。線路を支える橋脚は耐えられるのか。

 首都直下型では震度7クラスの地震発生が予想されている。今年3月、JR東日本は520億円を投じて山手線を含む首都圏9路線の緊急耐震工事に着手することを発表した。工事の対象はレンガや石積みの古い橋脚など約200ヵ所で、5年以内の完了を目指すという。

新橋駅近くのレンガ造りのアーチは、関東大震災でも崩壊しなかったほど耐震性の高い構造物だが

 だが、工事はおろか事前調査ですら難航が予想される区間もある。本誌はまず、その代表的な二ヵ所を訪ねた。

 初めに向かったのは上野―御徒町間の高架エリアである。高架の下に連なっているのは300mに及ぶ「アメ横商店街」だ。約400ある商店の多くは橋脚の間に店を構えているが、その様相は、戦後の闇市から続く歴史が物語るように、やはり古い。鉄サビがあちこちで目に付き、天井にはたわんだ箇所もあった。

「耐震工事?JRから直接は何も聞いてないよ。阪神大震災(’95年)の後だって何の工事もしてないんだから。それに『商店は一時移転』と報じられてたけど、冗談じゃないよ。仮にどこかのビルに入ったとしても、同じような商売が成り立つとは到底思えない」(鮮魚店店主)