経済の死角

徹底追及!南海トラフ地震が襲う浜岡原発(中部電力)&伊方原発(四国電力)「再稼働は危なすぎる!」

2012年04月14日(土) フライデー
friday
upperline
浜岡原発の30km圏内には、約74万4000人が居住。原発周辺の居住者数では、東海第二原発(茨城県東海村)に次ぐ、2番目の人口密集地帯である〔PHOTO〕夏目健司

 浜岡には建設中の防波壁の高さを上回る「21mの津波」が襲う可能性が!一方の伊方も「最大震度6強」を想定せず、過去に起きた地震データのみでストレステストを行っている

 M9.1という驚異的な数字が想定されている、南海トラフ地震。3月31日に内閣府から各地の想定震度、津波高が公表された中で、俄然注目を集めたのが、中部電力・浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)だ。福島第一原発を上回る、震度7の地震と最大21mの津波が襲う可能性が明らかにされたからだ。

 内閣府の「南海トラフの巨大地震モデル検討会」(座長・阿部勝征東京大学名誉教授)の委員である東北大学大学院工学研究科附属災害制御研究センター教授・今村文彦氏が説明する。

「従来、南海トラフでは1707年の宝永地震を参考に、東海、東南海、南海の震源域が3連動する地震を考えてきました。今回はそれに加えて、九州沖の日向灘を含めた4連動、南海の海溝を含めた5連動まで視野に入れた。さらに、プレートが断層として滑って地震や津波を起こすのですが、断層の浅いところでも大きく滑る可能性があると仮定した(3ページの図表で、「地震時に動く断層の想定領域」として示したエリアが、大きく滑る可能性がある地域)。両方の効果によって、津波の規模が大きくなったのです」

 茨城県から鹿児島県に至る太平洋沿岸各地の23市町村で、20m以上の津波が押し寄せる可能性が指摘された。各自治体は早急に対策を立てる必要に迫られることになったが、中でも深刻な危機に直面しているのが浜岡原発なのである。

 浜岡原発は、昨年5月の時点で、津波への対策の不十分さから当時の菅直人首相の要請を受けて4、5号機が運転を停止。3号機は定期検査中で、1、2号機は老朽化による廃炉準備中のため、すべての原子炉が停止している。

次ページ  中電は、それまで、浜岡原発に…
1 2 3 4 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事