[NBA]
杉浦大介「シーズン終盤&プレーオフ展望」

優勝争いの行方は?

全米を熱狂させるプレーオフの開幕も近い。

 ロックアウトのおかげで例年より遅れてスタートしたNBAのレギュラーシーズンも残り1カ月を切り、勢力地図は少しずつ明確になり始めている。優勝候補と目されているのは、イースタンカンファレンス首位のシカゴ・ブルズ(43勝13敗)、2位のマイアミ・ヒート(39勝14敗)、ウェスタンカンファレンス首位のオクラホマシティ・サンダー(40勝14敗)の3チーム。今季のNBA王者は、総合力で他を引き離すこの3強の中から出ると考える関係者が圧倒的に多い。

 ブルズはディフェンスを固めて切り札のデリック・ローズを軸に突破口を見出す勝ちパターンを確立し、ヒートは説明不要のビッグスリー(レブロン・ジェームス、ドウェイン・ウェイド、クリス・ボッシュ)を擁している。サンダーも3枚の攻撃の武器(ケビン・デュラント、ラッセル・ウェストブルック、ジェームス・ハーデン)と、2枚の守備の要(セージ・イバーカ、ケンドリック・パーキンス)を揃え、バランス的には3強の中でもベストかもしれない。

 それぞれリーグを代表するスーパースターたちに率いられているだけに、ヒート対サンダー、あるいはブルズ対サンダーのファイナルが実現すれば、NBAの領域を越えるほどの注目を集めそう。そしてその中から勝ち残ったチームのエース(ローズ、レブロン、デュラントの中の誰か)は、現代のNBAを代表する存在として名声を確立することにもなるはずだ。

ダークホースは2つのベテラン集団

 この3強を崩す可能性があるチームは決して多くはないが、なかでも最後まで見限れないと考えられているのが2つのベテラン集団である。4月1日まで5連勝を飾ったボストン・セルティックス(30勝24敗)は、ここに来てアトランティック地区首位に浮上。現在9連勝中のスパーズ(38勝14敗)もウェスタンカンファレンス2位につけ、この大事な時期に測ったように調子を上げてきている。

 ケビン・ガーネット(35歳)、レイ・アレン(36歳)、ポール・ピアース(34歳)というセルティックス自慢の“ビッグスリー”は徐々に高齢化。スパーズの大黒柱であり続けてきたティム・ダンカンも35歳、マヌー・ジノビリは34歳となり、かつてのようにチームを支えることは難しいと目されていた。しかしシーズンが進むにつれて態勢を整え、プレーオフも近づいた時期に勝ち始めたことは流石としか言いようがない。

 セルティックスはドック・リバース、スパーズはグレッグ・ポポビッチと経験豊富な名将に率いられていることも大きく、両軍ともにプレーオフでも“誰も対戦したくないチーム”であると言ってよいだろう。順当ならばセルティックスはプレーオフ第2ラウンドで、スパーズはカンファレンスファイナルで“3強”の一角と激突することになる。やはり不利は否めないが、勝機がまったくないとも思わない。

セルティックスの最後の快進撃がなるかどうかはロンドの出来次第。

 この大一番で、今が旬の常勝チームを撃破するために彼らが必要なものは何か。鍵となるのは前述したベテランたちではなく、2人のポイントガードだろう。セルティックスのレイジョン・ロンド、スパーズのトニー・パーカーが大舞台でチーム内の重鎮たちを上手に活かし切ったとき……古豪チームの最後の快進撃が、にわかに現実味を帯びてくる。