[野球]
上田哲之「力強さとしなやかさ」

 隣のヤクルトファンが「あたーっ」と声をあげて、へたりこんだのが印象的だった。3月30日の今季開幕戦。読売巨人-東京ヤクルトの一戦である。ヤクルトの先発・石川雅規が、なんと8回裏まで巨人打線をノーヒットノーランに封じこめたのだ。すわ、開幕戦で快挙達成かと思った途端、9回裏に坂本勇人に初ヒットを許したのでした。

 それにしても、この試合は盛り上がった。167センチ、69キロ。170センチにも満たない小柄な左腕が、持てる技術を駆使して、ぶっちぎりで優勝と下馬評の高い巨人をノーヒットノーランに封じ込めようとしているのだから。いわゆる順位予想をしようとすると、セ・リーグの場合、巨人以外を1位にする合理的な理由を探すことは困難だろう。戦力を比較すれば、誰がどう見たって優勝は巨人である。

 しかしね、キミ……と、つい言いたくなる。理屈の上ではそうだけど、現実がその通りに運ぶとは限らないのだよ。古来、日本では、柔よく剛を制すと言うじゃないか。小よく大を制す、なんて言葉はないかもしれないが、気構えとしては、われわれはそういう精神を尊ぶのだよ。だから、判官贔屓というだろ。日本海海戦の勝利はいまだに人気があるだろ。神永昭夫はアントン・ヘーシンクに負けたけどさ。いや、まあ、それはさておき。

 そりゃ、広島カープの打線は巨人より劣ると思うよ。しかし、野球はどんなにたくさん優秀な戦力を集めても、9人(DH制でなければ)しか、グラウンドには立てないからね……。もし今季、巨人が優勝を逃すとすれば、石川が開幕戦で巨人打線に与えたダメージが、大きな要因となるかもしれない。そのあと、広島に3連敗しちゃったし。いや、これとて、もちろん合理的な説明ではありえないけれども。