[ボクシング]
近藤隆夫「闘いやすい相手を選び続ける“3階級王者”亀田興毅」

これが本来の姿?

 凡戦だった。4月4日、横浜アリーナでのプロボクシングWBA世界バンタム級タイトルマッチ、亀田興毅対ノルディ・マナカネ(インドネシア)戦のことである。

 117-110、118-110、115-113……3人のジャッジは、かなりの差をつけて亀田の優勢を支持していたが、観ていて、とても圧勝劇には思えない。むしろ、見方によっては、いずれが勝者でも、引き分けでもよいような試合内容だった。ちなみに私の採点は、「チャレンジャーこそ攻めるべき」とのテーマに絞って観ての115-114……亀田の判定勝ち。

 互いに決定打を打てない。それどころかチャンスメイクのために斬り込もうともしない。ダラダラとラウンドが進んでいった印象だ。「2ラウンドに左拳を痛めて闘い方が変わった」。試合後に王者は、そう言い訳したそうだが、これが本来の亀田の実力ではないか。

 亀田興毅。3階級制覇。
WBA世界ライトフライ級チャンピオン。
WBC世界フライ級チャンピオン。
WBA世界バンタム級チャンピオン。

 肩書だけ見ると実に華やかである。しかし、世界戦で拳を交えてきた8人の選手名を書き出すと、これが3階級制覇の足跡かと疑いたくなるほど淋しいものになる。

 ファン・ランダエタ(ベネズエラ)、内藤大助、ポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ)、アレクサンデル・ムニョス(ベネズエラ)、ダニエル・ディアス(ニカラグア)、ダビド・デラモラ(メキシコ)、マリオ・マシアス(同)、そして今回の相手マナカネ。

 ムニョスは、かつて23試合連続KO勝ちをマークしたスーパーフライ級の名王者であるが、一昨年に亀田と対戦した時は一度、引退した後の復帰2戦目。この時すでにビックネームではなくオールドネームだった。それ以降もディアス、マシアス、マナカネとランキング10位以内に入っていない選手の名が並ぶ。