雑誌
奄美大島沖漁船転覆事故生還した漁師が語った「人喰いザメとの死闘」
スクープ・インタビュー「イテッと思って足を触
ると肉がなかった」「両手でぞうきんを絞るよう
にして殺した」
はえ縄で駆除したイタチザメ。上顎に18~26本、下顎に18~25本の歯があり、鋸のように肉を切り裂く

「サメに嚙みつかれると、みんな痛みに耐えかねて『やられたっ!』と叫ぶ。それで仲間が喰われたことが分かるんです。僕は脚を4ヵ所ほどやられました。痛いと思ってパッと触ったら、肉が抉れている。でも、その時は痛みを気にしている余裕などありませんでした」

 奄美大島(鹿児島県)にある病院の個室で、村田勉さん(44)は上半身だけをベッドから起こし、〝恐怖の一夜〟からの生還劇を語ってくれた。

23日に東シナ海沖で転覆した春日丸。右舷から高波を被って海水が入りこみ、船首を空に向けて縦に沈んだ

 3月23日、鹿児島県奄美大島沖の東シナ海で、村田さんら6名を乗せた同県喜入町漁協所属のはえ縄漁船「春日丸」が高波を被って転覆した。当時の波高は2~2.5m。午後3時20分頃に遭難信号を発信した春日丸は、ものの5分で波濤の中に横倒しになったのだ。

 転覆直後、6名は救命いかだに乗り移ったが、無情にも少しずついかだの空気が抜けていく。北川勝人船長(46)と下池力さん(40)はいかだを諦めて浮き輪や木などに摑まって漂流。村田さんら4名(松山和則さん=46、佐々木弘さん=46、松井章彦さん=45)はブイやロープで互いの身体を繋ぎあい、逆巻く波の中でバラバラにならないように必死でもがいていた。

 荒波に揉まれているうちに漁船からどんどん遠ざかり、次第に北川船長と下池さんも離れていく。そして、どう猛なサメがウヨウヨ生息する海域に入りこみ、命を懸けて死闘を繰り広げることになったのだ---。