[アイランドリーグ]
香川・伊藤秀範コーチ「左腕王国誕生へ」

高卒新人・中野への期待

 チームの開幕までは残りわずか。キャンプ、オープン戦を通じて開幕に向けた準備は着々と進んでいます。先発ローテーションはエース高尾健太が出遅れていますが、実績のある酒井大介、大場浩史が順調です。この2人が当面は投手陣を引っ張ることになるでしょう。

 高尾が開幕に間に合わなかった点は誤算ですが、同じ誤算でもうれしいものもあります。それがルーキー左腕・中野耐(天王寺高)です。彼はまだ高卒のため、前回のコラムでは「体づくりからじっくり育てたい」と書きました。しかし、実戦で投げさせると制球力がよく、いいボールをコンスタントで投げられます。スピードも140キロ台が出ていますし、試合で使いながら育成したいと思うようになってきました。

 彼の長所は飲みこみの早さ。もともと持っていた緩いスライダーに加え、速いスライダーを教えたところ、あっという間にモノにしつつあります。彼は走らせても足が速く、身体能力が非常に高い選手です。現状は突っ立って投げるようなスタイルですから、もっと沈みこんで下半身を使えれば150キロの速球も夢ではないでしょう。最初は中継ぎで起用しながら、いずれは先発も試してみたい逸材です。

 また同じく新人左腕の後藤真人(天理高-佛教大-アークバリアドリームクラブ)も中継ぎでおもしろい存在になると見ています。彼には香川に来てから腕の位置を下げ、トルネード気味に放るようにアドバイスしました。目指すは福岡ソフトバンクの森福允彦。実際のシート打撃でも左打者がかなり嫌がっていましたから、コントロールを磨けば活躍できるのではないでしょうか。

 ここに5年目の西村拓也が加わり、うまくいけば香川は左腕王国になる可能性が出てきました。西村にしても、現時点でMAXの140キロ台のボールが投げられるようになっています。球のキレは既に社会人のエースクラスです。気温が上がれば、さらにスピードが上がるでしょう。より細かい制球力が身につけば、ドラフト指名の可能性は十分出てきます。

 特に左ピッチャーの場合、何かひとつセールスポイントを持てばNPBの一軍でプレーできます。たとえばヤクルト時代の先輩、石川雅規さんの武器はコントロール。開幕の巨人戦(3月30日)のピッチングは本当に素晴らしかったですね。制球が良ければ、どんなバッターもなかなか打てないというお手本のような内容でした。

 石川さんはブルペンでの投球練習をとても大切にしていました。1球1球、狙いを定め、少しでも外れると悔しがる。そして「今のは腕が下がっていた」と、自分を客観視できていました。このこだわりと分析力が、あの小さな体で100勝以上できる要因だと思っています。