ライフ
佐々木俊尚×田原総一朗×80年代生まれの若者4人
第三回「なぜ普通の企業ではなくNPO、社会的企業なのか」

第二回はこちらをご覧ください。

佐々木: さっき田原さんが質問したように、「なぜ普通の企業ではなくNPOなのか、なぜ社会企業(ボランティアではなく収益事業として社会的課題の解決に取り組む事業体。社会的企業とも。)なのか」という疑問を、けっこう多くの人が抱いているようです。

 とくに、2000年頃にネットバブルというのがあって、ちょうど堀江貴文さんやサイバーエージェントの藤田晋さんが出てきたのですが、あの頃に社会に出てきてガーンと今のインターネットの先端をやってきた人たちには、「俺たちが一生懸命ビジネスをやって金儲けをして苦労したことが、今の新しい社会を作っているんだ」という強烈な自負を持っている人が多いわけですね。

 「それに比べると、今時の若い奴は金儲けもやらないしビジネスも知らないくせに、何を社会企業とかNPOとか甘っちょろいことを言っているんだ」というふうに、「ロストジェネレーション」というか70年代半ば以降に生まれた人たちが今の若い人たちを批判する、というような構造がけっこうでき上がっていますね。

田原: とくに堀江貴文がそういうことを言っているよね。

佐々木: ああ、言っていますね。「社会企業なんてけしからん」とか(笑)。ああいう批判に対して皆さんがどう思っているのかということを、ちょっと一人ずつ聞いてみたいと思うんですが、慎さんからお願いします。

慎: 的を射ていることもありますし、その通りかな、と思うこともあるんです。その通りだと思う理由は、海外の社会企業というのは本当に事業としてもすごく大きなもので、成長しつつ社会的なミッションをちゃんと達成しているんですね。
たとえば、マイクロファイナンスをやっているユヌスさんのところもそうです。そのくらいの規模で、堀江さんのような10年くらい前にネットの世界で台頭してきた方々を「おおっ!」と言わせるようなものが、日本ではまだできていないという現状がある。それができるようになったらまた変わってくるんじゃないかな、とは個人的に思っています。

田原: そもそも「社会企業」という言い方はいつ頃から出てきたんですか?

慎: 僕は普通の企業と社会企業の境目はすごく曖昧だと思っているので、いつ頃出てきたのかというのはちょっとわかりませんね。

田原: 最近は「社会企業」と言う人がどんどん増えてきましたよね。

西田: それについては僕が受けたほうがいいですかね。日本だと社会的企業という言葉が出てくるのは99年が初めてなんですね。普通の雑誌の記事に出てきたのがそのくらいの時期でした。