[障害者スポーツ]
伊藤数子「覚悟を示した“Sports of Heart”」

 3月3、4日、東京・恵比寿で「Sports of Heart」というイベントを開催しました。これは健常者と障害者の枠を越えて、みんなでパラリンピックを応援しようという発想から誕生したものです。会場となった「恵比寿ガーデンプレイス」ではスポーツ、音楽、アート界から著名人たちが集まり、パラリンピックへの応援宣言、メッセージを送っていただくとともに、トークショーやライブをしていただきました。さらに付近の加計塚小学校のグラウンドや体育館では高橋尚子さんによる「かけっこ教室」、車椅子バスケットボールやブラインドサッカー、車いすテニスなど、障害者スポーツ競技の体験会が行なわれました。2日間での来場者は1万3000人、集まった募金額は約320万円でした。たくさんの方々のご協力のもと、第1回目を開催できたことに感謝しています。

募金額に表れた“思い”

 今回のイベントで反省すべきことは、まず、来場者に対しての訴求力に欠けていたことです。前述した通りイベントの来場者は延べ1万3000人に対して、募金額は約320万円。1人あたりに換算すると、わずか250円にも満たないのです。募金はその人の思いそのものです。つまり、「250円」は、このイベントに対する価値や思いの強さであるわけです。募金箱のところまで来てくれた人たちに対して、イベントを開催した私たちの思いが伝えきれなかった、そのことを率直に受け止めなければなりません。

 また、ターゲットの設定についても次回以降の課題です。今回の狙いは、「これまで障害者スポーツやパラリンピックを知らなかった人たちに、競技や選手たちを知ってもらいたい」ということでした。ですから、不特定多数の人たちを対象としたのです。しかし、まだこのイベント自体が認知されていない段階から、不特定多数の人を対象にするのは、あまりにも無謀だったと言わざるを得ませんでした。来場はしていただいたものの、パラリンピックのことは伝わらなかった場面も散見されたのです。ではどうすればよかったのか。例えば、障害者スポーツに関心を寄せる可能性が高い“スポーツファン”にターゲットを絞り、それに沿った会場、内容にすることも一つだったでしょう。逆に不特定多数の人に呼び掛けるのであれば、それを想定した方法を考えなければならなかったのです。対象者と伝える方法にずれないこと、その重要性を学ぶことができました。