[サッカー]
大野俊三「関塚ジャパンにOAは必要なし!」

 U-23日本代表が14日のアジア最終予選最終戦(対バーレーン)に勝利し、ロンドン五輪出場権を獲得しました。まずは世界の強豪と戦う権利を得られたことに安心しました。7カ月に及ぶ厳しい予選を戦い抜いた選手、スタッフには、おめでとうと言いたいですね。アジアの国々との戦いで、日本は確実にレベルアップしたと思います。特に最終戦では、ディフェンス面においての成長が見られました。

 試合は日本が前半からボールを支配していたものの、なかなか攻撃でいいかたちをつくれないでいました。しかし、チームのバランスが崩れることはありませんでした。それは、守りが安定していたからです。相手選手がボールを持った時に、最も近い選手がファーストアプローチをかけ、サイドに追い込む。その上で複数人で囲み、ボールを奪う。こういったやり方をチームで統一し、連動し、組織立った守りを実践できていました。この安定した守りが、後半の2ゴールにつながったといえるでしょう。

 オフェンスが停滞した要因は、横パスが多く、ゴールへ向かうスピード感がなかったからです。横パスをつなげばボール支配率は高まりますが、それだけでは相手は怖くありません。縦に速いパスを2度、3度入れれば、相手の守備陣は「次は横なのか、縦なのか」とプレスをかける的を絞りにくくなります。横パスをつなぐスローペースから、速い縦パスを入れて攻撃のスピードを上げる。逆に、縦パスを警戒されている時は横パスやサイドチェンジで相手の目先を変える。五輪に向けて横と縦のパスをうまく組み合わせる意識を高めていってほしいですね。

五輪へさらなる成熟を

 その五輪では、これまでのアジアとの戦いが対世界に変わります。欧米やアフリカの選手は技術はもちろん、高さやスピード、パワーも優れています。かといって、相手によって日本のサッカーを変える必要はないでしょう。むしろ、今やっている細かいパスワークからの攻撃と、組織だった守備の精度を上げていくべきです。

 高さや速さで勝る相手との戦いにおいて、攻撃面では相手につかまらないことが重要です。ボールポゼッションを高めながら、先述した縦への速いパスをうまく使い、攻撃に緩急をつけることが求められます。パスをつなぐことも重要ですが、ボールを奪ってから、いかに少ない手順でゴールを奪うか。この点を追求していく必要があるでしょう。

 守備については、まずはバーレーン戦のようにボールの奪い方を徹底しながら、パスの出所をつぶすこと。そしてルーズボールをいかにマイボールにできるかがカギです。相手の前線の選手にパスやロングボールを放り込まれた時は、ファーストボールで競り負けても、セカンドボールを拾えればピンチを回避できます。前回も書いたように、ルーズボールについてはピッチ外へクリアするのか、パスをつなぐのかなど、チーム全体で素早い判断をして連動する必要があります。クリアボールの質も続けて追求していくべきでしょう。

 そして、五輪へ必ず議論になるのが、オーバーエイジ(OA)枠の活用です。経験のある選手をチームに加えるべきか否か。結論から言うと、私はOA枠は必要ないと思います。というのも、五輪世代の選手たちには何より経験が必要です。権田修一(FC東京)や原口元気(浦和)ら今回の中心メンバーは、U-20W杯の出場権を逃し、世界大会を経験したことがありません。今の五輪世代の選手たちが、将来のA代表を背負っていきます。やっと掴んだ世界との戦いで、OAに「頼る」のではなく、自分たちの実力で「切り開く」ことが、後のサッカー人生で大きな財産になります。自信は経験を積まないと生まれてこないものです。もし、3人あるOA枠をすべて使えば、五輪に行けるU-23の選手は15人に減ってしまいます。ひとりでも多くの選手が世界を体感するためにも、OA枠の活用は避けてほしいところですね。

 OA枠を使わないといっても、予選を戦ったメンバーがそのまま五輪にいけるわけではありません。彼らはまだ日本という「チーム」の出場権を確保したにすぎないからです。今後は宮市亮(ボルトン)や宇佐美貴史(バイエルン)などの海外組、その他の国内組も含め、本戦の18人の出場枠を争うことになります。個人のロンドン行きの切符を獲得するには所属クラブでのアピールが不可欠です。今後、U-23世代の選手たちは、今まで以上にモチベーションを高く持って練習、試合に臨むでしょう。関塚隆監督はバーレーン戦後に「OAについてはこれから考える」と言っていました。関塚監督が本番でOA枠を使うかどうかは読めません。各選手たちには、関塚監督に「OAなんて必要ない!」と思わせる活躍を見せて欲しいですね。