経済の死角

大津波を忘れている!M8首都直下型地震「本当の被害予想」

衝撃レポート 頻発する地震、Xデーが迫る中、
村井宗明・衆議院災害対策特別委員長が初めて
明かした最悪シナリオ

2012年03月31日(土) フライデー
friday
upperline
元禄大地震(1703年)発生時の津波高を参考に、6mと2mで試算。都東部の浸水リスクが顕著だ。津波が荒川を遡上し、東京北部で堤防を破壊する危険もある

 その時は、突然やってきた。

 ガタガタガタッ! と突き上げるような衝撃に襲われ、テレビや棚が大きな音を立てながら転倒。ガラス類は砕け散り、書類や本が床にブチまけられる。転げ落ちるようにデスクの下に逃げ込み、携帯電話を取り出すが、一向に電話はつながらない。ガタガタッ!

 続けざまに来た余震でオフィスの壁掛け時計が落下し、文字盤が割れた。館内放送によれば、エレベータは復旧の見通しがたたないという。損傷が激しい非常階段を使って、脱出しろというのか・・・・・・。テレビを起こし、スイッチを入れると、爆音とともに燃えさかる羽田の石油コンビナートが映し出された。

 と、画面が切り替わり、江東区や北区の荒川流域で多数の建物が倒壊しているとのリポートが。死者・行方不明者多数との声に続いて、速報が入る。

 中野や野方(中野区)、高円寺(杉並区)の木造住宅密集地で大規模火災が発生しているという。上空を飛ぶ自衛隊機から送られてきたのは、火の海と化した住宅街の映像。道が狭く、消防活動も思うままにならないようだ・・・・・。

次ページ  余震で軋むオフィス内に、東日…
1 2 3 4 5 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事