[BCリーグ]
福井・酒井忠晴監督「今、できること、すべきことを“考える”」

 いよいよ開幕まで約1カ月となりました。私にとっては初めてのシーズンですから、今から非常に楽しみです。福井ミラクルエレファンツでは3月1日から選手全員そろっての合同自主トレーニングを行なっています。選手たちはオフからしっかりと体をつくってきており、今シーズンへの強い思いが感じられます。今後は開幕に向けてオープン戦が行なわれます。そこでしっかりと自分たちをアピールして、レギュラーを目指してほしいと思っています。

 昨年、ミラクルエレファンツの監督就任の要請を受けたわけですが、実は以前から私にとってBCリーグは身近な存在でした。それは2年前まで茨城ゴールデンゴールズに所属しており、BCリーグの球団と交流試合をしていたからです。当時、若い選手が頑張っている姿を見て、独立リーグの存在は、NPBを目指す若い選手にチャンスを与える場として、非常に価値あるものだと感じていました。ですから、そのBCリーグで自分が指揮を執るというのは、非常に光栄な話でした。これまで指導者経験はありませんが、自分が現役時代に経験してきたことを伝えることで、選手たちの力になれれば、という思いで引き受けさせていただきました。

 しかし、実際に選手たちを指導し始めてみると、正直「本気でNPBを目指しているのかな?」と疑問に思うことが少なくありません。確かに、練習環境ひとつとっても、NPBと比べれば、雲泥の差です。しかし、今ある環境でできることはたくさんあるはずです。それをなぜやろうとしないのか……。BCリーグには、長く居続けられるわけではありません。数年、いや、1、2年が勝負といってもいいでしょう。そうであるならば、その短い期間、何を犠牲にしてもでも死にもの狂いで練習すべきです。現状に満足しているというのであれば別ですが、どの選手に聞いても「目標はNPB」と言う。そうであるならば、もっとがむしゃらになるべきです。そうしなければ、NPBにはとても到達することなどできません。