[プロ野球]
佐野慈紀「昨季Bクラスのオリックス、阪神、広島が上位進出!」

 いよいよプロ野球開幕が迫ってきました。北海道日本ハム・斎藤佑樹、千葉ロッテ・成瀬善久、中日・吉見一起、巨人・内海哲也、横浜DeNA・高崎健太郎と、開幕投手の顔ぶれも徐々に明らかになってきています。ダルビッシュ有(レンジャーズ)や青木宣親(ブルワーズ)、和田毅(オリオールズ)などの活躍が期待されるメジャーリーグも気になるところですが、セ・パともに混戦が予想される日本のプロ野球からも目が離せそうにありません。

 昨シーズンのパ・リーグは大方の予想通り、圧倒的な力を見せた福岡ソフトバンクが、2位・北海道日本ハムと17.5ゲーム差をつけてリーグ優勝。中日との日本シリーズも制し、8年ぶりに日本一を達成しました。しかし、和田と川崎宗則が海を渡り、杉内俊哉とホールトンは巨人へと移籍し、戦力ダウンが懸念されています。特に、88勝のうち実に43勝分を挙げた和田、杉内、ホールトンが抜けた先発陣の穴をどう埋めるかが注目されています。そのため、今シーズンのパ・リーグはどこか1球団が独走するのではなく、ダンゴ状態になるのではないかという予想が大半を占めています。

 さて、その中で私が優勝候補の筆頭に挙げたいのが、埼玉西武です。特に先発陣の活躍が期待されます。その一人が、涌井秀章です。昨シーズンもエースとしてチームを牽引した涌井ですが、プロ2年目から5年連続で続いていた2ケタ勝利が、昨シーズンは9勝にとどまりました。当然、その悔しい思いを晴らしたいという気持ちは強いはずですから、力強いピッチングを見せてくれることでしょう。テレビでのインタビューを見ても、今シーズンにかける並々ならぬ決意を語っていますから、非常に期待できます。

 また、若手投手の台頭もチーム力アップの要因となっています。特にルーキーの十亀剣はいいですね。勢いを感じます。18日の阪神戦では6失点とプロの洗礼を浴びましたが、それも積極的に勝負にいっているからこその結果です。シーズンに入っても、ぜひ強気なピッチングを貫いてほしいですね。昨シーズン、クローザーとして22セーブを挙げ、新人王に輝いた牧田和久は、今シーズンは先発としての起用が予定されています。昨シーズン、クローザーとして数々の修羅場をくぐってきたわけですから、そこで培った自信が、先発としても大いにいかされることでしょう。また、3年目の菊池雄星がローテーションに入れば、ますます層が厚くなります。しかし、残念ながらファームで開幕を迎えることが決定的となってしまいました。期待していただけに、非常に残念です。プロ入り後の菊池は、かたちこだわりすぎているようなところが見受けられます。3年目ですから、そろそろ結果を残さなければいけません。シンプルに、それこそど真ん中で勝負する、というくらい、いい意味でのひらきなおりが必要でしょう。ぜひ、這い上がってきてほしいですね。