upperline

SXSWとは

 3月9日から16日まで、米国テキサス州オースティンでSXSW2012(サウス・バイ・サウスウェスト)が開催された。1986年に始まったSXSWは初回700名だったが、現在では数万人以上集まる世界最大の音楽祭典だ。インターネットの発展を踏まえ、1998年からはインタラクティブ部門が始まった。

 インタラクティブ部門には、昨年2万人が63ヵ国から参加、935のセッションが開催されたが、今年は、さらに成長し、速報値では3万5000人との話もあった。音楽・映画部門も含め、今年は25万人がオースティンに集結したと言われている。

 インタラクティブ部門では、徒歩10分圏内の15のホテル、会議場を主要会場としてほぼ借り切り、3万5000人が一日中ワークショップ、セッション、トレードショウ、キーノートスピーチなどに参加して、渋谷のハチ公前程度の混雑が深夜まで続く。中心のオースティンコンベンションセンター(下の写真)は、1000名以上入るかと思われるホールが建屋の一部にしか過ぎないような巨大会場で、街の1ブロック全体を占めている。

 新進ベンチャーの登竜門として、SXSW Interactive アクセラレータープログラムが2009年に開始された。今年は、650ものチームが応募し、モバイル、ソーシャルメディア、エンターテイメント等の6分野に8社ずつ、48チームがVC等の審査員へのプレゼン機会を得た。翌日の決勝では、6分野3社ずつの18チームがプレゼンし、分野ごとの優勝を決めた。申し込み費用はわずか$175であり、非常に敷居が低い。かつチャレンジ度は高い、理想的なものだ。

 参加ベンチャー間の交流も活発で、こういう切磋琢磨かつベストプラクティス共有の機会から、有望ベンチャーがさらに競争力を増して巣立っていく。

 部門ごとに表彰されるインタラクティブアワードは、Activism,Amusement,Art,Business,Classic,Community,Educational Resource,Experimental,Film/TV,Motion Graphics,Music,Personal,Social Media,Student,Technical Achievementの15部門からそれぞれ選出された。

 毎年8月に募集、11月から審査が開始され、1月に各部門ごとに5つのファイナリスト(決勝進出)が選定される。日本からもベンチャー10社近くが応募したと思われるが、ファイナリストにまで残ったベンチャーは残念ながら1社もない。SXSW2013に向けての準備がすでに開始されている。

 インタラクティブアワードの中では、デジタルトレンド特別賞(SXSW期間中に一番話題になったアプリ・サービスが受賞)が、SXSW内外で大きな話題を呼ぶ。

 2007年にTwitter、2008年にFoursquare、2011年にはGroupMeが受賞した。今年は、写真コレクション・共有で日本でも人気急上昇中のPinterestだ。前評判では、人気ブロガーに押された、出会い系とも言えるHighlightの人気が高かったが、使いにくさ等の理由から脱落し、SXSW2012としては特に目立っていなかったPinterestが受賞したのは興味深い。

次ページ  開催中見逃せないのは、一番ホ…
1 2 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ