アメリカのリベラルアーツ教育も時代遅れ?!
不満を感じる学生たちが計画する日本発の新教育

 アメリカのリベラルアーツ教育を称賛する書籍や経験者の談話が日本でも目立ってきた。アイビーリーグの現役日本人学生が中心となって、日本の高校生向けにリベラルアーツ教育を紹介するサマースクールも、今年は複数開催されるようだ。日本でも、何の経験もない18歳の高校生に学部を選ばせるような教育ではなく、科目に横櫛をさすように色んな学問を幅広く、文字通りに"自由に"学べるリベラルアーツ教育に対する関心が高まりつつあるように思う。

 しかし、本場アメリカではリベラルアーツ教育に対する不満も聞かれるようになってきた。

 現在アイビー・リーグでもトップクラスの学生たちが赤裸々に語ってくれた。「入学したての昨年1年間は大学のリベラルアーツ教育に感動してばかりでした。しかし、1年がたって、その興奮がおさまり、アメリカの世界最先端の大学教育にも問題点が見えてきました」という。

「一言で言って、今の僕たちが使うテクノロジーやグローバル化についていっていない先生がけっこういるんです。そろそろアメリカのリベラルアーツ教育も曲がり角にきているのかもしれません」

「僕らがウキペディアで論文書いたり、スカイプで議論したり、フェイスブックで答え合わせしたりしていることを理解できない先生もいると思います。今のテクノロジーをもっと駆使した教育ができるはず。それを日本で自分が教える立場でロールプレイしながら考えてみたいです」と。

「アメリカの名門大学の教授の"教育力"に問題がある」という指摘はある。大学教授に問われるのは"教育力"だけでなく"研究力"。特に研究を重視する名門大学ほど、教授が研究力重視で動機付けられている可能性がある。もちろん、彼らは次世代の教育の重要性を認識しているので、研究と教育の両立に悩んでいる。しかし、"研究成果"が実績として昇進を左右するので、優れた若手研究者ほど教育より研究を重視せざるを得ないといわれる。