経済の死角

日本経済の流れが変わった この「円安」「株高」をどう読み切るか

いつまで? どこまで?90円超えは?
株価1万2000円は?---プロはこう考えている

2012年03月26日(月) 週刊現代
週刊現代
upperline

 つい最近までは70円台が当たり前だったのに、いまは連日の80円台。日経平均もコンスタントに1万円台が出る。このままいってほしいが、逆戻りの恐怖もある。今回は本物か。プロが読み切る。

本格相場はこれから始まる

〈私は2011年の終わり頃言っていた米ドル/円相場が100円にまで戻りそうだという水準が(中略)2012年中に実現するかもしれないと思えてきました。当時考えられていたほどには、現実離れした話ではないように思えます〉

 BRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)という造語の生みの親であり、世界中のマーケット関係者がその発言に注目するゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント会長のジム・オニール氏。そんな経済のプロ中のプロが、今年3月に発表したレポート内に、こんな衝撃的な一文が書かれた---。

 悪夢から目覚められる日が、ついに来たのか。

 日本を代表する企業が大赤字を垂れ流し、エルピーダメモリの破綻劇まで発生。中高年は資産運用で買った株や投資信託が次々に暴落して、〝虎の子〟を大きく失った。長く日本人を苦しめてきた円高・株安。その相場トレンドに、〝巨大異変〟が起き始めた。

 昨年まで70円台が当たり前だった円・ドル相場が急転して、今年の2月に入ってからたった1ヵ月半で83円ほどの円安まで一気に下降。日経平均も追うように急カーブを描いて昇っていき、3月に入るとついに1万円を突破する株高をつけたのだ。

 いったい、何が起きているのか。

 フィスコリサーチ部アナリストの小川佳紀氏は、「相場心理が百八十度変わった」と言い切る。

「もとをたどれば昨年12月末にECB(欧州中央銀行)が行った4890億ユーロの金融緩和が始まりです。続けてECBは今年2月にも、5295億ユーロの資金供給を実施したことで、欧州債務危機問題が一段落したとの空気が流れた。

 これでマーケットがそれまでのリスク・オフ(リスクを避ける状態)から一転してリスク・オン(リスクをとる状態)になり、欧州の投資家が中心となって米国や日本の株式市場で買いに走って、急激な株高を演出したのです」

 FXプライムチーフストラテジストの高野やすのり氏も、「外国人投資家が『日本経済の流れが完全に変わった』と見るようになった」と語る。

「今年1月に、日本の経常収支が'85年に統計が開始されて以来最大の赤字になったことが大きい。日本人はこれを一過性のものだと考えたが、外国人投資家は『日本経済の流れが完全に変わった』と見たんです。

 さらに2月14日に日銀が・サプライズ金融緩和・とインフレ目処の設定を行ったことで、外国人投資家が『日銀がついに本気になった』と捉え、いっせいにドルを買って、円を売る動きに転じました」

次ページ  円安になれば輸出企業を中心に…
1 2 3 4 5 6 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事