雑誌
注目の津賀一宏・新社長に独占直撃インタビュー「パナソニック社員に告ぐ」「テレビ、やめますか?」赤字7800億円---
未曾有の危機にどう立ち向かうのか

津賀氏は英語も堪能〔PHOTO〕gettyimages

 残された時間はわずかだ。舵取りを誤れば、〝巨艦沈没〟もありうる。創業以来、最大のピンチに抜擢されたこの男は、いま何を思うのか。兵庫県の自宅を直撃すると、再生への決意を語りだした

最新鋭工場を止めた理由

 私が(最新鋭のプラズマパネル工場の休止を)仕向けたとか、いろいろなメディアで書かれているみたいですね(笑)。まあ、事実関係は別にしても、それまでカーエレクトロニクス事業を担当していた私が、昨年4月からテレビ事業を担当することになったのは確かであって、(その使命は)テレビ事業の改革と新規事業の開拓ということでした。そしていろいろな構造改革をやらなければいけない中で、拠点の統廃合もやった。

 今まで「右肩上がりで売るんじゃ」と言うてた人が、すぐに「止めるんや」とはなかなか言えない。だから(大坪文雄)社長が私なり、AVC事業(テレビ、デジタルカメラ、パソコンなどの事業)の経営陣なりを入れ替えて、新しい判断ができる形にかえたということです。

 誰ができた、できないというよりも、全然正反対の経営判断をするときには新しい人がやらなければならず、それがたまたま私だったということ。それだけのことですわ。

 津賀一宏氏(55歳)。パナソニック代表取締役専務。今年2月28日にパナソニックがホテルニューオータニ大阪で開いた会見で、次期社長就任が発表された(6月27日付予定)。創業家以外では最年少での就任となる。

 津賀氏はパナソニックが作った最新鋭のプラズマパネル工場(尼崎第3工場)の休止を取締役会で進言したと報じられ、その名が業界内外に一躍轟いた。尼崎第3工場は2000億円超を投じて作られ、その約1年半前に稼動させたばかり。津賀氏の発言を機に、役員会は騒然とした空気になったとされる(『週刊東洋経済』1月28日号)。