[アイランドリーグ]
愛媛・星野おさむ監督「河原&橋本、元NPB組加入の効果」

  開幕まで2週間を切り、オープン戦、練習試合も本格化してきました。現状は元NPB組の河原純一(元中日)、橋本将(元横浜)や米独立リーグからやってきた外国人を除き、新人や若手の見極めを行っているところです。今回、愛媛はチーム創設8年目で初めて、元NPBの選手を獲得しました。河原、橋本とも1軍で実績を残しているベテランです。

新外国人ブレットは4番候補

 彼らの入団は単なる戦力アップのみならず、若手のいい手本になることが期待できます。それは練習に取り組む姿勢ひとつとっても明らかです。リーグの選手がウォーミングアップから体を動かし始めるのに対し、河原や橋本は既にアップの段階で準備ができています。30代半ばを過ぎてもプレーできるのは、こういった部分に理由があるのだと愛媛の選手たちは肌で感じたことでしょう。

 ただ、彼らの目標はあくまでもNPB復帰。僕は2人に「若手に指導はしなくていい。選手としてしっかりアピールすることに集中してほしい」と話をしました。コンディションさえ整えば、河原にはどんどん投げてもらいたいですし、橋本にも毎試合、マスクをかぶってもらいたいと考えています。それでも彼らは若い選手たちと積極的にコミュニケーションをとり、アドバイスをしてくれますから、本当にありがたいことです。

 外国人は投手のデイビット・トレイハンと内野手のブレット・フラワーがやってきます。デイビットは映像を見る限り、ボールに力があり、球威で押すタイプの右腕です。ブレットは打撃にクセがなく、日本の野球を教えれば着実に結果を残せるとみています。パワーも日本人とは比べものになりませんから、最終的には4番を任せることになるでしょう。元NPB組と助っ人が実力を発揮すれば、当然、今いる選手たちの出番は限られます。