[ボクシング]
杉浦大介「チャーリー太田、ニューヨークを魅了できるか」

チャーリー太田がそのパワーをアメリカで披露する日がやってきた。Photo By こんどうさん

 元日本スーパーウェルター級王者で、現在もOPBF東洋太平洋同級王者を保持するチャーリー太田(八王子中屋)のアメリカ凱旋試合が間近に迫っている。今週末の3月17日。チャーリーは生まれ故郷であるニューヨークのマディソンスクウェア・ガーデンでキャリア初の試合を行なう。

 予定されているのはここまで16勝(11KO)7敗の33歳、ガンドリック・キング(アメリカ)との8回戦。この日のメインイベントに組まれているのは、現役屈指のファイター、WBC世界ミドル級王者セルヒオ・マルチネスの防衛戦。米ボクシング界を牛耳るテレビ局“HBO”によって生中継もされる正真正銘の大舞台である(注:チャーリーの試合の米国内での放映予定はない)。

ハリウッド映画のような経歴

 1981年にニューヨークで生まれたチャーリーは、2001年に米海軍の艦船整備士として来日して横須賀基地に赴任。除隊後の2004年に日本人女性と結婚し、30歳となった今でも日本に住み続けている。日本でボクシングを始めると、2006年には全日本社会人選手権で優勝。プロ入り後も2010年に日本&OPBF東洋太平洋王座を獲得するなど、これまでトップボクサーとしての階段を着実に昇り続けてきた。

 今回の一戦が決まった背景には、19勝(13KO)1敗1分という好戦績、東洋王座を6度防衛という実績もさることながら、チャーリーのバックグラウンドがアメリカの関係者の目に留まった部分もあったのだろう。15日に行なわれた最終会見でも「風変わりな経歴を持ったボクサー」と紹介され、集まった人々から大きな拍手と好奇の視線を浴びていた。

すでに日本に強敵はおらず、世界進出が現実的な目標だ。

 黒人選手が日本で家族をもうけ、ボクシングの国内王者となり、そしてアメリカに戻って試合を行なう。チャーリーの辿った軌跡は、まるでハリウッド映画のようなユニークなストーリーだと言ってよい。

 ただ、その一方で、目の肥えたニューヨークのボクシング関係者に真の意味で認められるのは、そう簡単なことではないのも事実である。アメリカのファンはアジアの“国内王者”という肩書きに惹き付けられるほどナイーブではない。実力が伴わなければ、バックグラウンドの面白さだけで興行に起用され続けるほど甘い世界でもない。そして、この生き馬の目を抜くような街で生まれたチャーリー自身も、もちろん、それを充分に理解している。