雑誌
もう終わりなノダ 4月解散・総選挙へさらば民主党、大丈夫か「橋下維新の会」
いやあ、なんていうか進退窮まっているのだ。髪の毛も最近、薄くなって来た気がしますし〔PHOTO〕gettyimages

 ダメな政権は春になると動揺を始める。野田政権も例外ではない。どじょう首相の意思に関係なく、審判の日は近づいている。民主党の〝3年天下〟は終わりを告げ、次の主役は西からやってくる。

出口が見つからないノダ

 桃の節句を2日過ぎた3月5日、永田町にある首相官邸では、飾られたまま放置されていた雛人形を、慌てて撤去するスタッフの姿が見られた。

 3月3日を過ぎても雛人形を飾ったままだと、娘の婚期が遅れるという言い伝えがある。前日の4日が日曜でスタッフが出勤していなかったとはいえ、野田佳彦首相は、この2日遅れの雛祭りの片付けを聞いて、ぶすっと不機嫌になった。

「首相にとって、いま大事なのは自民党・谷垣禎一総裁との〝縁談〟です。雛人形の仕舞い忘れで婚期が遅れるとの伝承が、連立工作の難航を連想させたのです」(官邸スタッフ)

 野田政権がいよいよ行き詰まりを見せ始めた。昨年9月、「泥の中のどじょう」になってでも政治実績を積み上げる・・・・・・と宣言していた野田首相は、この6ヵ月間、ずっと泥に沈んだままだった。

 前任者たちを反面教師に、人前に出ず余計な発言をしなければ、支持率は維持できると思っていたのだろう。だが国民からは、「消費税を上げる!」と宣言して、そのための地ならしをコソコソしていただけに見える。

 結果的に現在の支持率は30%ほど。これでは歴代内閣の末期とほとんど変わらない。消費税アップどころか、鳩山、菅以上に何もせずに終わる総理・・・・・・。焦ったどじょう首相がすがり付いたのが、自民党との「野合」だった。

 3月2日、東京・銀座の日本料理店で、側近の手塚仁雄首相補佐官、蓮舫前行政刷新相と会食した首相は、こう「宣言」していた。