あなたの隣にもいる「貧困女子のビンボー生活」

2012年03月18日(日) フライデー

フライデー経済の死角

upperline
(上)シェアハウスの倉田さんの部屋。敷金や礼金が要らない分、入居する時に1万円程度の保証金を払う
(右)「ここ数年、防寒着以外の洋服を買っていない」という倉田さんの衣裳ケース。この3段に全衣料が入っている
(左)2段ベッドの下の狭い空間が、インターネットをしたり、メイクをしたりする倉田さんの貴重な生活スペースだ〔PHOTO〕香川貴宏

「シャワーやトイレ、キッチンは共同ですが、月の家賃は5万円ちょっとです。部屋は4畳半ですが、2段ベッドやエアコンが据え置きで、敷金や礼金も要りません。この家の女の子は、みんな〝貧困女子〟ですよ。私のようにアルバイトの子もいれば、正社員の女性もいます」

年中口内炎が・・・・・・

 倉田さんは長野県の4年制大学を卒業後、都内の生命保険会社に2年間勤務。去年から塾講師のアルバイトを始めたが、生保時代に貯めた虎の子の100万円を切り崩して生活しているという。

「生保の営業をしていた時は、手取りで26万円ぐらい収入がありましたが、ストレスで倒れ、自分には合わないと思い辞職しました。今は週に5回、フルタイムで働いても生きていくだけで精一杯です。給料日の前は、三食菓子パンを牛乳で飲み込んでお腹を膨らませます。栄養が足りないのか、いつも口内炎ができていますね。美容院に行くのは半年に一回。もうずっと、ユニクロの防寒着以外は洋服を買っていません。ここに住んでいる子とは、『私たち、一生結婚できないかもしれないね』なんて悩みを相談し合っています」

次ページ  これが〝現代版・女工哀史〟の…
前へ 1 2 3 4 5 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事