[陸上]
海老原有希<Vol.3>「村上幸史との共通点」

 現在、日本のやり投界の第一人者といえば、海老原とともにアジア大会を制した男子の村上幸史である。2009年の世界陸上ベルリン大会で、同種目では日本人初のメダル(銅)を獲得したのは記憶に新しい。アジア大会では83m15の自己ベストを投げ、今年の世界陸上大邱大会、来年のロンドン五輪でのビッグスローに期待が高まっている。海老原にとって村上はスズキ浜松アスリートクラブの先輩にあたる。世界と戦うスロワーから学んだものは何か。

「(去年の)10月に合宿をした時に村上さんに“投げの部分”や“クロス(ステップ)”について質問したんです。すると村上さんは“いや、ラストクロスで構えに入ったところで、もう投げは決まっている。投げ出すところでは結果は変えられない”と。私はそれまでやりを離すところが、“投げの部分”と考えてきました。一般的にもそういう感覚があるはずです。でも村上さんは、その前の構えの部分を重視している。“あぁ、私の感覚はワンテンポ遅いですね”と感じました。これは衝撃的でしたね」

野球経験が原点

 村上と海老原には共通項がいくつかある。まずバックグラウンドに野球経験があることだ。村上は中学時代、速球派投手として鳴らし、地元・愛媛の強豪校から声がかかるほどだった。

 海老原も小学校時代、軟式野球をしていた。しかも男子を押しのけ、内野のレギュラー。キャプテンまで務めた。
「もちろんボールとやりの投げ方は全く違いますが、肩の使い方を知っていたのは大きかったと思います。だいたいの女子は、いわゆる“女の子投げ”でバックスイングして投げる動きができない。その点ではやり投を始める時にスムーズに入れました」

 やり投を始めたのは高校から。しかしみるみる力をつけ、高校2年でインターハイ準優勝をおさめた。