upperline

リーンスタートアップとは

 昨年来、リーンスタートアップという言葉が日本のベンチャー界隈を賑わしている。リーンというのは「薄い」という意味であるが、要はお金をあまりかけず、1~3ヵ月程度でさっさとアプリ・サービスを立ち上げてしまうやり方だ。

 月間アクティブユーザー8億5000万人を超えたFacebookも、2004年にザッカーバーグが18歳の時、一人で数週間で開発した。米国では、4~5年前から急激に主流になっており、その後世界中に広がっている。

 リーンスタートアップのアプローチによって、米国では特にIT・ソーシャルメディア系では創業後それほど資金を必要としないベンチャーが増え、従来形のベンチャーキャピタルがビジネスモデルの転換を迫られている。

 リーンスタートアップでは、費用も、100~200万円程度でアプリ・サービスを立ち上げてしまう。学生を中心にしたベンチャーの場合は、数十万円以内の場合も多く見られる。日本でも、多くの社会人が、夜あるいは週末にせっせとアプリ・サービスの開発を進めるケースがかなり増えている。

 私は2000年からベンチャー共同創業、経営支援に取り組んできたので、昨年来の変化を嬉しく、かつ痛切に感じている。創業への相談が増えただけではなく、取り組みのスタイルが大きく変わった。

 以前であれば、一念発起して創業準備し、親・親戚等に借金もして会社を設立した。それから製品・サービスの開発に取りかかることが普通だった。リーンスタートアップでは大きく変わった。以前のようなベンチャー起業ももちろんあるが、ソーシャルメディア・スマートフォン分野では、まずアプリ・サービスを開発し、立ち上がってから会社を設立するケースが続出している。

リーンスタートアップが可能となった背景

 リーンスタートアップが可能となったのは、何と言っても、Facebookの影響が大きい。Facebook API(本人が許可すれば、Facebookの友達情報や行動履歴等を無料提供)を使うことで、8億人のソーシャルグラフをフルに活用したFacebookアプリ数週間で作ることができるようになった。学生エンジニアも全く問題なく開発している。さらに、Twitter API、Foursquare API等あり、アプリ・サービスの企画の幅を広げている。Facebook APIは2007年5月に公開されたが、これは大英断であった。

 AppStore、Androidマーケットの発展も、無数のディレクター、マーケッターやエンジニアの心に火をつけた。2011年には世界で4億7200万台のスマートフォンが出荷されており、近い将来、10億台を超えることは確実だ。優れたアプリはそこで目立ち、ユーザーの声が集まり、ランキングも上位となり、収入増に直結する。

 第2に、安価で非常に使いやすいクラウドの存在がある。サーバー知識や運営体制に不安があっても、アプリ開発者はインフラ技術者の力をそれほど借りることなくアプリ・サービスの開発をし、極めて安価に運営できることになった。Amazon EC2の日本上陸がそれに輪をかけている。また、安価な割に高い自由度があり、高品質のサーバーホスティングサービスが多数提供されている。

 第3に、開発環境がどんどん改善され、従来に比べて開発がはるかにやりやすくなった。フレームワーク・ライブラリー等の整備により、それほど経験のないエンジニアでも、それほど苦労せずにアプリ・サービスの開発をすることが可能になった。「Unityを使い3次元メダル落としゲームを20分で開発」というニコニコ動画があるが、本物そっくりのメダルが上からぼとぼと落ちてきて積み上がったり、崩れたり、下に落ちたりするゲームがわずか20分でほぼ完成するのを見るのは、大変な驚きだ。ネット上で有名にはなったが、もしまだの方は、ぜひとも一度ご覧いただきたい。目を疑うはずだ。

 第4に、Facebook、Twitter等のソーシャルメディアの普及で、よいアプリ・サービスは一瞬で広まる時代になった。ユーザーが使用すると、その情報がFacebookウォール、Twitter等にほぼ自動的(選べるとはいえ)に流れて友達・フォロワーが見ることになるのは、お約束だ。ソーシャルメディアの普及により、よい記事はよく読まれ、Twitterでリツイートされることが非常に増えて、ブログを書く意欲が大変高まっている。したがって、感動するアプリ・サービスに関する記事は、短時間のうちに多数書かれる状況だ。

 第5に、少額投資するインキュベータやVCが10社前後に増えたため、急成長しそうなサービスに対しては、資金調達がかなり容易になっている。

リーンスタートアップへの懸念と意味合い

 一方、リーンスタートアップの問題点を指摘する声も上がっている。学生や20代ののりで、現実味やビジネス面の配慮が少なく、起業ごっこをしているようなものだ、というわけだ。そう言いたい気持ちもわからないではないが、デジタルネイティブが自分の感性で必要だと思うアプリ・サービスを企画・開発して世に問うことで、米国でも中国でも他の国でも、大ヒットが生まれている。もちろん、日本でも生まれている。

次ページ  もはや「大人」も「子ども」も…
1 2 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事