[アイランドリーグ]
徳島・島田直也監督「クローザーに必要な条件」

選手起用は“鬼”になる

 現在、チームは海陽町蛇王運動公園でキャンプ中です。雨天練習場もあり、非常に環境がいいのですが、このところ雨が続き、グラウンドで練習できたのが、まだ数日しかありません。初の実戦となる4日のオープン戦(対高知)も中止となり、非常に残念でした。

 開幕まで残り1カ月となり、実戦を通じて各選手の役割分担やレギュラーを見極める時期に入ってきました。特に競争が激しいのは外野のポジションです。キャプテンの関口大志神谷厚毅といった経験のある選手に加え、2年目の大谷真徳中川竜也、練習生から昇格した吉村旬平と5名がしのぎを削っています。特に20歳の吉村は走攻守が揃った活きのいい選手です。今後、オープン戦で使ってみて、どこまでできるかをチェックしたいと考えています。

 現時点での構想では、シーズンがスタートしたら極力メンバーは固定して戦うつもりです。監督によっては経験を積ませるために、出場機会の少ない選手に配慮する方もいらっしゃるでしょうが、その点は僕は“鬼”になります。なぜなら、チーム内の競争を勝ち抜けなかった選手に、いくら出番を与えてもNPBにアピールできる存在にはなれないと思うからです。試合に出たければ、レギュラーになれ。NPBに行きたければ、まずはレギュラーになれ。これからのオープン戦は、各選手に覚悟を持って臨んでほしいと感じています。

 昨年から大幅にメンバーが入れ替わった投手陣は、前回紹介した新人の山口直紘安里基生がブルペンでコントロールよく、いいボールを投げており、先発ローテーション入りが期待できそうです。ここに2年目の河野章休を加えた3人が柱になってくれればと思っています。2月26日に行われたアイランドリーグ選抜と阪神2軍の交流試合では、5-5の同点の最終回、あえて河野を起用しました。緊迫した場面での登板は、まだ酷かなとは感じましたが、彼には経験を積んでもらいたかったのです。

 結果は連打を浴びてのサヨナラ負け。たった5球で1点を失ったわけですが、ボール自体は悪くなかったと思います。ただ、いいボールでもコースが甘くなればNPBのバッターは逃しません。力が入って、やや中に入ってしまったところをきれいに弾き返されてしまいました。ボール1個分の出し入れがNPBでは生命線になることを本人は身を持って体感したでしょう。これがシーズンに向けた貴重な勉強になれば、と感じています。