革新的なリーダーを生む教育?
エールやハーバード大学の学部教育

ハーバードビジネススクール〔PHOTO〕gettyimages

ハーバード大とハーバードビジネススクールは違う!

 今回は予定を変更して、アメリカの学部教育と起業家精神について考察してみる。慶応大学と日本テクノロジーベンチャーパートナーズが共催する「ベンチャープライベートコンファレンス」に登壇してきた。テーマは『ハーバード仕込みの起業家教育と、震災を越える日本の起業家精神』。ハーバード大学で革新的な起業家を生むような教育がなされているか否かがトピックスである。この議論が大変刺激的だった。

 パネリストもモデレーターも豪華。不詳私は置いておいて、ハーバードビジネススクールを日本人4人目のベイカースカラー(最優等成績)としてハーバードビジネススクールを卒業したライフネット生命の岩瀬大輔副社長。数々のベストセラー作家でもある、ひふみ投信の藤野秀人社長がモデレーターをやってくれた。

 私の答えはイエスである。ハーバードだけでなく、エールやスタンフォード等、アメリカの名門大学の教育は、結果的に、イノベィティブ(革新的)なリーダーを生むものではないかと思う。

 岩瀬氏は「ハーバードビジネススクールに留学して初めて"ベンチャーがかっこいい"と思うようになったと主張。「生活のここかしこにベンチャー企業の存在が感じられる。アマゾンやフェイスブックのようなオンラインのビジネスだけでなく、オーガニックスーパーからカーシェアリングにも新しく元気なベンチャー企業が台頭して、彼らが明らかに世界を変えていくことが実感できた」と締めくくっていた。まさに同感だ。

 起業が生まれ雇用を創出しているだけでなく、社会の在り方を変えているのがベンチャーなのだ。

 日本ではひとくくりにされる、ハーバード大学とハーバードビジネススクールだが、これらは実は相当な別もの。私は本校の採用であり、他学部やケネディスクールでも私のIDは有効だった。しかしビジネススクールだけでIDが効かない。ハーバードビジネススクールだけ、授業を聴講したり、ジムを使うことを許してくれない。シェリル・サンドバーグがビジネススクールで講演したとき、学長に「君の母校は、ハーバード大学か? それともハーバードビジネススクールか?」と詰問され、悩んだ挙句の果てに「ハーバードビジネススクールです」と答え会場が湧いた。ハーバードビジネススクールは、他学部に"上から目線"なのだ。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら