[野球]
上田哲之「ヒーローの美と原型」

 今年のプロ野球界の最大の話題は、やはりテキサス・レンジャーズのダルビッシュ有が、どのくらい活躍するか、ということになるのだろう。それにしても、連日のように放映されるキャンプの映像を見ていると、改めてきれいなフォームだと思う。左足を上げた時の、軸足(右足)でまっすぐに、すっくと立った姿。右腕の軌道、そして、限りなく打者寄りで放すリリースポイント。理にかなっている、だけではない。端的に美しい。あらゆるスポーツは、最終的に、フォームの美しい者が勝つのだ、と改めて主張したくなる。

 例えば、北海道日本ハムの4番(に定着するでしょう、多分)中田翔はどうか。ちょっと、昔の種田仁を思い出すような“ガニマタ打法”である。スタンスを広く、重心を落とし、ガニマタ気味に構える。そのままスイングして、ボールをとらえる。練習試合やオープン戦を見ていると、中田のスイングスピードは群を抜いている。彼は、この打法で、超一流打者への道を歩むのかもしれない。常識的な感覚では、ノーステップで打つと、確実性は増しても、飛距離は落ちるはずだ。しかし、中田には圧倒的なスイングの強さ、いわば体の強さがある。今の打法で30本でも40本でも打てるのかもしれない。とすれば、和製プホルズの誕生ですね。スタンスをガニマタ気味に広くとり、ほぼノーステップで(実はわずかにステップしているが)ホームランを量産する。打率も残す。現役最強打者と言ってもいいのだろう。

 中田を見ると、いつも思い出すのが、夏の甲子園での早実・斎藤佑樹との対決だ。中田は一学年先輩の斎藤の前に、4-0と抑え込まれるのだが。その4打席の間に打法を変えたのである。たしか、最初は足を上げていたのに、3打席目からすり足になった。その姿を見て、彼は、今後も打てなくなると、打法を変えるのだろうか、と、“怪物”と期待しつつも、一抹の不安がよぎったものだ。

 懸念は現実になった。彼はよくフォームを変える。昨年も、ガニマタ打法でスタートしたが、夏場から秋にかけて、足を上げて大きくステップして打っていた。例えば10月11日、ダルビッシュが18勝目をかけて登板した日。4回裏、埼玉西武の帆足和幸(現・福岡ソフトバンク)から、大きくステップして、左中間に叩きこんだホームランは見事だった。いや、美しかった。タイミングがぴったり合っていた(微妙につまり気味にとらえて打球を押し込んだ、といってもいいかもしれない。ホームランを打つ、典型的な打法である)。打率、打点、ホームラン、3つともに高いレベルを求めて、彼は今の打法を選択したのだろう。それをとやかく言う筋合いではないが、と留保しながらも、やはりステップして打った時の美しさが、私の脳裏から離れない。