[アイランドリーグ]
高知・定岡智秋監督「心強い弘田コーチの存在」

おもしろいサイドスロー・吉岡

 今季初の実戦、埼玉西武(B班)戦(10日)は0-0の引き分け。7人の投手リレーで相手を0点に封じたものの、打線は2安打に終わりました。キャンプインから寒さや雨にたたられ、思うような打撃練習ができなかっただけに、攻撃に関しては想定内の結果です。

 一方で投手陣は想定外の出来でした。この試合、3番手で投げた吉岡憧平(小倉西高-近畿大産業理工学部(中退))は前回、名前が明かせなかった「おもしろいサイドスローのピッチャー」です。ストレートの球速は134、5キロですが、コントロールの良さとボールのキレで勝負できます。打たせてとるピッチングで大崩れしないタイプです。これからも実戦で少しずつイニング数を増やして、先発かリリーフか適性を見極めたいと考えています。

 今季は投手陣が練習生含め13名と増加し、去年より競争意識が高くなっています。ドラフト1位で獲得した孫一凡(高知中央高)もモノがよく、実戦経験を積ませれば楽しみな右腕です。フォームにムリがなく、まだ体ができていないにもかかわらず142、3キロのボールを投げられます。NPBのスカウトもチェックしている選手ですから、まずは短いイニングからスタートし、大事に育てる考えです。

 投手陣を引っ張るキャッチャーも新人の屋宜宣一郎(知念高-沖縄国際大)がレギュラーに名乗りをあげています。肩の強さ、動きのシャープさは今季、福岡ソフトバンクに育成選手として入団した飯田一弥に劣っていません。西武戦ではフェンス直撃の二塁打を放ち、打撃でも期待できます。バッテリーに関しては大きな不安なく開幕を迎えられるでしょう。