[陸上]
海老原有希<Vol.1>「世界へつながるビッグスロー」

日本新での金メダル

写真提供:スズキ浜松アスリートクラブ

 記録を聞いて、一番驚いたのは本人だった。61m56。2010年11月25日、広州アジア大会の陸上女子やり投。最終6投目は日本記録を41cm更新するビッグスローだった。

「やりが飛んでいく姿が“きれいだな”とは感じたんですけど、さすがに61mも飛んでいるとは思わなかったんです」

 記録を知ったのは競技後のインタビュースペース。「61mですか? 日本新ですか? 本当ですか?」。思わず聞き返してしまうほど興奮を抑えられなかった。

 59m最終投てきの前に、もう金メダルは確定していた。優勝を決めたのは3投目だ。2投目までは4位。調子は良かったが、やりは思うように飛ばなかった。
「やりが左にカーブして落ちていました。ちょっと力が入りすぎて、どうしてもサイドにひっかけてしまう感じになっていましたね」

 ただ、焦りはなかった。1投目、2投目と感触は良くなっていたからだ。
「しっかりやりを握れ」

 大学時代の恩師・岡田雅次コーチからアドバイスを受け、ピットに入った。投げる方向をしっかりと見据え、いつもと変わらぬ助走距離、いつもと変わらぬフォームでやりを放った。