[MLB]
杉浦大介「2012年ヤンキース、4つのポイント」

ニューヨークに球音が戻ってくる日も間近に迫っている。

 ヤンキースが2009年以来の王座奪回に向けて準備を進めている。オフに黒田博樹、マイケル・ピネダを獲得し、課題だった先発投手陣の補強に成功。ホルヘ・ポサダこそ引退したものの、打線も依然として力強さを保っている。過去2年はワールドシリーズ進出を逃したが、今季のチーム力はペーパー上は近年最高。レンジャーズ、エンジェルス、タイガース、レイズらと並び、アメリカン・リーグの優勝候補の筆頭の1つに挙げられてしかるべきだろう。

 それではヤンキースが開幕後も前評判通りに勝ち進むために、必要なものは何なのか。今回は今季のチームの注目点となりそうな4つのポイントをピックアップして見ていきたい。

A・ロッドは復調するのか?

 野手陣は昨季までのメンバーにほとんど補強が施されないまま2012年シーズンを迎えることになる。今が旬のロビンソン・カノー(昨季打率.302、28本塁打、118打点)、カーティス・グランダーソン(同41本塁打、119打点)らは再び好成績を残してくれそう。キャリア最低の打率に終わったマーク・テシェイラ(.248、39本塁打)の復調も期待できる。そして何より、相手投手に多くの球数を投げさせる辛抱強さがチーム全体に浸透している。昨季リーグ2位の得点数を挙げた強力打線が急激に数字を落とすとは考え難い。

怪物A・ロッドの打棒が完全復活する日は来るのか Photo By Kotaro Ohashi

 そんな中で懸念材料があるとすれば、4番を打つアレックス・ロドリゲスの体調か。2007年にMVPを獲得して以降、A・ロッドが140試合以上出場したシーズンはゼロ。昨季は膝や手首のケガに悩まされ、成績も自己最低(打率.276、16本塁打、62打点)に終わってしまった。

 10年2億7500万ドルの大型契約の途中だけに、衰えが進んでも放出するのはほぼ不可能。さらに成績が低下した場合には、起用法もより難しくなる。もう36歳を迎えており、ときにDHに入ってうまく身体を休ませる必要もあるのだろう。今季は少なくとも打率.280、30本塁打くらいは残し、フロントを安心させることができるだろうか。