[障害者スポーツ]
伊藤数子「“障害者スポーツ”という名称の光と影」

 最近「障害者スポーツ」という呼称に違和感を持つようになりました。このコラムのタイトルを「障害者スポーツの現場から」とつけたものの、私の中でその違和感がどんどん膨らんできているのです。様々な場面で、パラリンピアンが自身の競技のことを「障害者スポーツ」と言っているのを聞いていても、彼らのトップアスリートぶりと、「障害者スポーツ」という言葉の間に違和感を抱くこともしばしばです。そこで、今回はこの「障害者スポーツ」という言葉について考えてみます。

 前回、このコラムで私は、<パラリンピックはもはやオリンピックにひけをとらないほど「超エリートスポーツ」と化しています。>と述べました。つまり、「障害者スポーツ」が「スポーツ」として認められる時代になってきているということです。その代表的な例が、昨年8月の陸上世界選手権で、義足ランナーとして初めて出場したオスカー・ピストリウスです。実は、世界選手権以降、障害者スポーツの関係者でも、またスポーツの関係者でもない方から、彼の名を聞くことがしばしばあるのです。これまでは「障害者スポーツ」と言っても、誰ひとりとして名前が挙がらないことがほとんどでした。それが、海外の選手であるピストリウスの名が出てくるようになったのです。

 しかも「義足であれだけ走るなんて、すごいよね」と、彼の身体能力の高さを評価する意見が多い。これまでは「義足」=「障害者スポーツ」=「スポーツとは別のもの」という認識があった人たちの中にも、ピストリウスのあの走りを見て、「義足」でもトップアスリートとなり得るんだ、さらには、「義足」で「スポーツ」をする、という考えが高まってきているということでしょう。まさに「障害者スポーツ」が「スポーツ」として認識されつつあることを示している現象です。

 そもそも障害者スポーツの競技者、特にパラリンピックを目指している選手は、生活の全てをかけて自分たちが情熱を注いでいるものは「スポーツ」であり、自分たちは「アスリート」であるという自覚を持っています。実際、取材をしても、競技への思い入れや、世界の舞台を目指そうとするチャレンジ精神、そしてトレーニングの過酷さは、一般スポーツのアスリートのそれらと何ら変わりありません。

 先述したピストリウスにしても、健常者と同じレースで走ることについての賛否両論はあるにしろ、彼の走りを見て、「障害者」というイメージを抱いた人はどれだけいたでしょうか。純粋に「ランナー」として彼を見ていた人は少なくなかったのではないでしょうか。走りの力強さ、美しさ、鍛え抜かれた身体、彼のすべてが、まさにアスリートそのものでした。

 つまり、「障害者スポーツ」に対して「障害者」という概念が失われつつあるのです。そのため、最近では「障害者スポーツ」という言葉に違和感を持つことが少なくありません。ところが、日本では「障害者スポーツ」という言葉以外は存在しないことから、それを使用せざるを得ないのです。スポーツとして成長し続ける「障害者スポーツ」の現状と、「障害者スポーツ」という言葉がどんどんかい離していることに居心地の悪さを感じています。