[サッカー]
大野俊三「リーグを制する開幕ダッシュ」

 いよいよ今週末からJリーグが開幕します。新監督を迎えてスタイルを変えるチーム、補強によって戦力アップを図ったチームなど、それぞれが開幕に向けて準備を進めてきました。最終節まで優勝の行方がわからなかった昨季同様、今季もしびれるようなゲームが多く見られることを期待しています。

 私の注目のチームはまず、古巣である鹿島アントラーズです。前回も書きましたが、ジョルジーニョ新体制になって、伝統のポゼッション・サッカーがどのように変わるのかが楽しみです。
  鹿島のポイントは開幕からの5試合になると見ています。昨季、優勝した柏レイソルが3連勝を含む4勝1敗で開幕ダッシュに成功したのに対し、鹿島は1勝2敗2分。出だしでつまずき、うまく波に乗ることができませんでした。ちなみに、鹿島が最後に優勝した09年は4勝1敗、08年は5連勝しています。開幕の5試合に4勝1敗以上の好成績を収め、勢いにのれるか。鹿島に限らず、これはリーグを制するためのカギだと見ています。

楽しみな“ポイチ広島”

 “ポイチ”こと森保一監督が就任したサンフレッチェ広島も楽しみな存在です。森保監督は現役時代、「オフトジャパンの申し子」と呼ばれるほど、オフトイズムを体現していました。オフトイズムを簡単に説明すると次の3つの要素があげられるでしょう。FWとDFラインの間をコンパクトに保つ「スモール・フィールド」、ボールを持っている味方に対して2人の選手がフォローにいく「トライアングル」。そして、奪ったボールを逆サイドへ展開して敵を分散させる「チェンジ・ザ・ボール」。今年の広島は以上の3点からなる「オフトイズム」をベースに、森保監督の特徴でもあった豊富な運動量を生かしたスピーディかつアグレッシブなサッカーを志向するのではないでしょうか。「オフトイズム」と「ポイチイズム」がチームに浸透すれば、広島のリーグ初優勝も見えてくると思います。

 また、大型補強で注目を集めているのがヴィッセル神戸です。野沢拓也(鹿島)や橋本英郎(G大阪)、さらにここにきて日本代表の伊野波雅彦(ハイデュク)も獲得しました。戦力的には間違いなく上位争いができるでしょう。

 しかし、実績のある選手を揃えたからといって、すぐにチーム状態が変わるわけではありません。新たに選手を入れれば、その分、元々所属していた選手とのサッカー観の擦り合わせが必要になります。野沢を例にとれば、鹿島時代はボールを持つとすぐに他の選手がサポートにきてくれていました。それが、神戸ではパスを受けて攻撃を組み立てようとした際に、自分のイメージしたタイミング、場所に味方がいない場面が出てくるでしょう。大久保嘉人ほどになればプレーを合わせられるでしょうが、問題は経験値の少ない選手たちです。彼らが野沢や橋本などの高レベルな意図を理解し、ついていけるか。サッカー観のズレを解消するには、実戦を多く重ねる必要があるだけに、神戸が開幕から実力を発揮するのは難しいでしょう。

 Jリーグが開幕して20年目を迎える今季、J1・J2あわせた40チーム中、半数の20チームで元Jリーガーが監督を務めるようになりました。同じ舞台でプレーしていた仲間が、現場で頑張っている姿を見るのは嬉しいものです。現役時代の自身のスタイルを反映させたサッカーを志向するチーム、全く正反対の戦い方をとるチーム……。各監督の“色”が最も強く出るのが開幕戦です。勝敗も気になるところですが、開幕戦は各チームの示すスタイルに注目しながら観戦するとおもしろいでしょう。