upperline
特醤油らぁ麺 950円

「個性とは奇をてらうことではなく、それぞれが本来持つ原点に戻ること」

 春休みを利用してアントニオ・ガウディの「サグラダ・ファミリア」(バルセロナ)を観光しました。今もなお建設中の教会の完成を目指す、彫刻家・外尾悦郎氏の言葉が心に残っています。

 きっと職人に通じる理は一緒なのでしょう。東京・巣鴨---。業界歴14年、『Ja
panese Soba Noodles 蔦』の大西祐貴店主はこう語ります。

「素材を生かした王道の味を極めたい」

 化学調味料や香味野菜を使わないこちらの一杯は、香りの決め手となる“醤油選び"にこだわりがあります。全国の銘柄醤油を吟味して選んだ、香川・小豆島産「生揚げ醤油」の個性を引き立てるべく、細心の注意で火入れ。地鶏の首ガラを煮込んだダシと合わせると端正なラーメンを支えるスープが完成します。全粒粉の香りが印象的な自家製麺、地鶏から滲み出た優しい旨味、そしてキリッと効いたタレ・・・・・・、各々の素材の個性がバランスよく調和していました。

 サグラダ・ファミリアの完成予定は14年後。毎年、新たな潮流が生まれるラーメン界はその頃どうなっているのでしょうか。願わくば“王道の味"が変わらず受け継がれていてほしいものです。

Japanese Soba Noodles蔦 東京・巣鴨
住 東京都豊島区巣鴨1-14-1
電 非公開 
交 JR巣鴨駅より徒歩2分
営 11:30~15:00/18:00~21:00(祝11:30~15:00)
休 日曜
Japanese Soba Noodles蔦

「フライデー」2012年3月9日号より


このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ