雑誌
今度はトマトか!「健康食品」盛衰史
紅茶キノコ、にがり、納豆、バナナ…。これまでにもあった、現れてはすぐ消えていく「○○に効く」
ブーム。飽きっぽいのはもはや国民性なのか(笑)
ジュースと比べると野菜のトマトは比較的入手しやすかった。これも安易に野菜を摂取しようとする風潮か

「トマトにメタボ改善成分」

 そんな見出しが新聞各紙に掲載されたのは2月10日のことだった。新聞やテレビが一斉に報じたのは、京都大学農学研究科の河田照雄教授らがマウスを使った実験で、トマトから脂肪燃焼を促進する不飽和脂肪酸の一種を発見したという内容だった。実験に使われた有効成分は人に換算するとトマトジュース600ml中の含有量に相当する。それを4週間投与されたマウスは、与えないマウスに比べ、血中や肝臓の中性脂肪が約3割減ったというのだ。

 このニュースに対する世間の反応は早かった。たちまち、全国のスーパーマーケットの棚からトマトジュースが消えてしまったのだ。本誌記者が2月18日~20日にかけて都内のスーパーを回ったところ、キャロットジュースや野菜ジュースは見かけるものの、ほとんどのスーパーで、トマトジュースだけが売り切れ状態となっていた。

トマトジュースが売り切れたスーパーの棚。キャロットジュースや野菜ジュースの栄養価も十分高いのだが

 新聞、テレビなどの情報により、突如、生み出される健康食品ブームは、〝フードファディズム〟と呼ばれる。日本で初めてこの考え方を紹介した、群馬大学教育学部の高橋久仁子教授によると、フードファディズムとは食品や栄養が健康や病気に与える影響を過大評価し、信じることを指す。具体的には、(1)健康への好影響を語る食品の流行、(2)適量を無視した過剰摂取、(3)食品に対する期待や不安の扇動などに大別できるという。

カゴメ株式会社広報グループは「我々の研究結果ではないので、コメントはしづらい」と困惑気味に話した

「今回のトマトのように、人々がある食品に過剰な健康効果を期待して、売り切れ現象が起きるのが典型的なフードファディズムなんです」(高橋教授)

 次ページの年表を見てほしい。日本ではこれまでも「○○が××に効く」という情報に端を発する流行が何度も繰り返されてきた。特に'90年代以降は毎年のように新たなフードファディズムが生まれている。現れては消えていった健康食品を表を参照しながら見ていくことにしよう。

 日本における健康食品ブームの先駆けと言えるのが、'75年に巻き起こった紅茶キノコブームだ。紅茶キノコとはシベリア地方のバイカル湖畔にある長寿村で古くから愛用されてきた発酵飲料のことである。砂糖を加えた紅茶のビンに、酢酸菌という細菌の一種を入れ保存し、繁殖した酢酸菌が紅茶の表面に浮かんできてから飲むのだ。がん、高血圧、心臓病、肝障害など万病に効くとされ、紅茶さえ継ぎ足せば菌が勝手に増えてくれるという手軽さも手伝って、たちまち全国的なブームとなった。

 紅茶キノコブームが去った後も、「ロシア圏の長寿村を発祥とする発酵食品」は繰り返しブームとなっている。'94年にがんや糖尿病に効くと話題になったヨーグルトきのこや、 '02 年に口コミで広まったカスピ海ヨーグルトがそれだ。前者はコーカサス地方の発酵乳、後者はグルジア産の乳酸菌と、ともにロシア圏を発祥とし、長寿の秘薬として紹介された。

 ちなみに、紅茶キノコは、現在、アメリカでは、健康食品として人気を呼んでいる。昆布茶とは別物であるにもかかわらず、なぜか「コンブチャ」と呼ばれ、しぶとく復活しているのである。再び、日本で第二次ブームを起こす可能性がないとは限らない。

「食品は薬ではない!」

 一過性のブームに終わらず、しっかりと定着した健康食品もある。その典型が'99年にブームが生まれた飲む黒酢だ。黒酢に含まれるアミノ酸が血液の流れをよくし、脂肪燃焼効果や疲労回復に効果大ということから、愛飲者がジリジリ広がった。ブーム当初から飲み続けているというフォークデュオ「ビリー・バンバン」の菅原孝氏(67)は、黒酢効果を実感している一人だ。

「飲み始める前は、上の血圧が190もあったんですが、飲みだして半年ほどで正常値に戻り、体重も11kg減りました。以来15年間飲み続け、最低でも1週間に750㎖は摂取していますね。おかげで、ずっと医者知らずです」

 今では黒酢は健康飲料としてすっかり定番となり、デパ地下には酢専門売り場が用意され、全国各地の「ご当地酢」が並ぶまでになった。豆乳もブームが定着した例として挙げることができる。コーヒーチェーン店のメニューにも定着し、2度のブームを経た結果、健康食品として広く認知されている。

 ただし、ブームの過熱は時として様々な弊害を生む。その一つが'05年の寒天ブームだ。きっかけはNHKの『ためしてガッテン』などで寒天は血糖値やコレステロール値を下げ、ダイエットにも効果があると喧伝されたことだった。やはり、スーパーの店頭からは一斉に寒天が消える事態となったが、寒天生産者から聞こえてきたのは〝嬉しい悲鳴〟ならぬ、困惑の声だった。長野県寒天水産加工業協同組合の小池隆夫組合長が寒天ブームを振り返る。

「冬にしか作れない寒天が、テレビの影響で夏に売れ始めたため、在庫がなく注文に応じられなかったんです。しかも、ブームのせいで寒天の原料が高騰して、値段が3倍になった上、新規参入した中国、韓国からの寒天が大量に入荷され、打撃を受けた多くの業者が廃業に追い込まれました。寒天ブームは我々にとって苦い思い出でしかないんです」

 一方、ウソ情報によってブームが作られたこともあった。'07年に人気情報番組『発掘!あるある大事典Ⅱ』(フジテレビ系)が納豆にダイエット効果があるという内容を放送。これまた、ダイエット効果を信じた人達が納豆の買い占めに走るという、一大納豆狂想曲が全国各地で繰り広げられたのである。

 ところが、『週刊朝日』が放送のデータ内容に疑問を呈したのを発端として、番組内で紹介されたデータや、出演した大学教授の発言などが捏造されていたことが発覚。偽情報に踊らされた消費者たちの怒りの声が相次ぐという結果となってしまったのだ。この騒動でも迷惑を被ったのは他ならぬ納豆生産者だった。 

「ブームの時は各店舗から通常の30倍~100倍の量のオーダーが雪だるま式に入って、とてもじゃないが出荷が追いつかない事態に陥りました。確かに納豆のPRにはなりましたが、(捏造問題もあり)手放しでよかったとは言えません。一つだけ言えるのは食品は薬ではないということ。好きでもない食品をブームだからといって食べても、病気が治るわけではないのですから」(全国納豆協同組合連合会 納豆PRセンター広報)

 現れては消え、消えては現れる様々な健康食品。いったい、健康食品の本当の効果を見極めるにはどこに注意すればいいのか。食生活ジャーナリストの会で代表幹事を務める佐藤達夫氏は「3つの項目を確認する必要がある」という。

「まず疫学調査が必要です。疫学調査は複数の異なる現象を比較する調査です。二つ目は試験管や動物を使った実験です。そして、最後は理論です。この3つがすべて揃って、初めてある食品が人間の健康に良いと言えます。

 しかし、ニュースや健康番組では、これらのうちの一握りの事実だけを大々的に伝えて、ブームが作られてしまうのです。例えば、ココアブームもそうでした。カカオ豆に含まれるCMP(カカオマスポリフェノール)には抗酸化作用があり、動脈硬化を予防するらしいことから、ココアやチョコレートブームが起きました。

 しかし、これは動物実験によって確かめられたことに過ぎません。ココアやチョコレートをたくさん食べる人のほうが、少ししか食べない人よりも動脈硬化になりにくいという疫学調査はありません。つまりココアやチョコレートが健康に良いとは言えないのです」

 今回のトマトブームにしても3つのうちの一つ、動物実験をかろうじてクリアしただけにすぎない。現時点では、とても「ダイエットに効く」などとは言えない段階にしかないというのが実情なのだ。前出の高橋教授が憤る。

「トマトから中性脂肪を減らす成分が見つかったのは、動物実験の成果です。しかし、論文を読むと実験に使われたマウスは、脂肪エネルギー比率が60%という、極めて肥満して糖尿病になりやすい、特種なマウスだと分かる。また、実験で使用されたトマトジュースの成分も、トマトから抽出したわけではなく、別な形で合成されている。

'10年8月、東京・渋谷のセンター街の近くにバナナ自販機が設置され、本誌でもニュースとして報じた

 人間の平均(約25%)より、はるかに脂肪エネルギー比率の高いマウスが合成成分を摂取して肝臓の中性脂肪や、血糖値が低くなったからといって、その結果を、すぐに人間にあてはめて、ダイエットに効くような印象を与えるのは止めたほうがいい。実際にはありえないことを(マスコミや研究者が)情報として流すのも、フードファディズムの一つです。

 本来なら、『この実験はあくまでマウスの結果で、人間にも同じ効果があるとは考えないでください』と伝えるべきところを『人間にあてはめると、毎日トマトジュースをコップ3杯飲むのと同じ』といった報じ方をするから、トマトジュースが即メタボ改善になるという誤解を生んでしまうんです」

 これまで繰り返してきた健康食品ブームは、努力せずに最大の効果を得ようという、最も不健康なふるまいなのかもしれない。佐藤氏もこう指摘する。

「私は食品を良いものと悪いものに分けて考えません。悪いと言われる塩分やコレステロールだって、適量を摂っていれば身体に良いんです。重要なのは、食べ方と食べる量です。食品とその食品に含まれる成分がもたらす効果を短絡的に結びつけるのは止めるべきです。赤ワインは、動脈硬化の予防効果があるとされブームになりました。赤ワインにはアントシアニンという抗酸化作用のあるポリフェノールが含まれているのは事実です。

 そして、アントシアニンには動脈硬化防止効果があることも確かめられています。しかし、だからといって赤ワイン=動脈硬化予防とは言えないのです」

 健康ブームが起きない社会になった時、私たちは最も健康な食生活を送れるのかもしれない。

〔PHOTO〕会田 園 高橋美礼 西崎進也

「フライデー」2012年3月9日号より

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら