[プロ野球]
佐野慈紀「キャンプで見た“和田タイガース”の現状」

 今年も球春到来!2月1日からプロ野球では一斉にキャンプがスタートしました。18日からはオープン戦も始まり、3月30日の開幕に向けて、徐々に実戦的な内容になってきていますね。私も沖縄・宜野座で行なわれている阪神のキャンプを視察してきました。和田豊新監督の下、チーム全体に明るさがあり、鳥谷敬や城島健司、金本知憲といった中堅やベテラン選手が元気で、若い選手も多いことから、活気に満ち溢れていました。大きなケガ人も出ることなく、順調なキャンプが送れているようです。

 さて、和田監督ですが、キャンプ3日目には投手と野手の練習メニューを逆転させ、話題を呼びましたね。長年、さまざまな監督の下でコーチを務めてきた和田監督ですから、「自分が監督になったらこういうことをやってみたい」と、あたためてきたものがたくさんあるのでしょう。とはいえ、内容的には変わったことをしているわけではありません。投手と野手を逆転させたのも、忘れがちな基本を再認識させるためにしたこと。選手にとっても、いいスパイスになったことでしょう。

 今回の視察で、私が最も印象に残ったのは金本です。メディアで報道されている通り、身体の状態は非常にいいですね。昨年とは雲泥の差です。肩も問題なく投げられていますし、バッティングも例年以上に調整の早さを感じました。19日の巨人とのオープン戦では「4番・DH」で先発出場し、3打席でヒットは出なかったものの、しっかりとバットが振れていました。その姿からも、順調に仕上がっていることが窺い知れました。