経済の死角

人は興奮すると、とんでもない行動をとる 大地震いちばん怖いのは「パニック心理」

2012年03月11日(日) 週刊現代
週刊現代
upperline

 満員電車の中で大地震に遭遇。誰か一人が「窓を破って逃げろ!」と叫んだ瞬間に、車内はパニック。我先にと窓側に殺到した人々が押し重なり、圧死する人が続出。げに恐ろしいのは判断力を失った人間だ。

凍りつき症候群

「大地震が起きたとき、倒れてきそうな家具などない寝室にいたんですが、私は反射的に『とにかく安全な所に逃げなきゃ!』という考えで頭がいっぱいになったんです。

 そばで寝ていた1歳の子供を抱いて慌てて部屋を出ようとしたら、親子ともども転んでしまった。子供はタンコブをつくって大泣きするし、どうしていいのかわからず、同じ部屋を出たり入ったりしました。

 その後、財布も持たず、肌寒いのに上着も着ないで近くの公園に駆けつけると、そこには私と同じく上着を羽織らず、裸足にサンダル姿で飛び出してきた人が大勢いたんですよ」

 漫画家の倉田真由美氏は、昨年3月11日の「パニック体験」 をこう回想する。

 火災や建物倒壊、液状化、津波など様々な災害を引き起こす大地震。だが、それ以上に恐ろしいのは、そこで人間の側に生じる「パニック心理」である。

 倉田氏が語るように、突然の大災害に直面すると、人間は興奮して突拍子もない行動をとる。たとえば以下のような事例だ。

【事例1】岩手県釜石市にある海沿いのホテルでサウナに入っているとき、東日本大震災に遭遇した。恐怖のあまり、素っ裸で、自分の車に飛び乗り、運転して逃げ出した。我先に逃げたから津波に呑まれずに生き延びたが、服を着てから逃げた人がどうなったかは知らない(59歳・男性)

【事例2】深夜2時頃、息苦しさで目覚めると、部屋中に古い扇風機から出た煙が充満していた。妻を起こして「逃げろ!」と叫んだところで記憶がなくなり、次に気付いたときは、なぜかリビングにあった木彫りの熊の置物だけを持って外に出ていた。足には小学生の娘の運動靴を履いていた(50歳・男性)

 突発的な事態に際して、無意識に行動するのとは逆に、動きが鈍くなってしまう「凍りつき症候群」に襲われる人もいる。防災・危機管理アドバイザーの山村武彦氏が解説する。

「3・11で津波が迫っているのにもかかわらず、ゆっくり歩いている人がいた。その中で奇跡的に助かった人に、『なぜ、走らなかったのか』と聞いたところ、『走っているつもりでした』と答えている。要するに足が前に進まなかったということで、これが凍りつき症候群です。様々な情報処理機能を司る脳が、過去に同様の事例がないために適切な決断ができず、身体に指示が届かなくなる」

次ページ 【事例3】3・11の直後、都内…
1 2 3 4 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ