[BCリーグ]
新潟・青木智史コーチ「指導者の心得は“どっしり感”と“納得感”」

 地区チャンピオンシップで群馬ダイヤモンドペガサスを下し、球団創設以来、初めてリーグチャンピオンシップに進出した昨シーズンは、新潟アルビレックスBCにとって飛躍の年となりました。しかし、そのリーグチャンピオンシップでは石川ミリオンスターズに敗れました。レギュラーシーズンの終盤からあった勢いでリーグの頂点に立ちたかったのですが、最後に詰めの甘さが出てしまいました。それだけに達成感や満足感ではなく、悔しさの残るシーズンでもありました。

 とはいえ、昨シーズンのアルビレックスは確実に変わりました。それは橋上秀樹前監督(現・巨人コーチ)の影響が大きかったことは言うまでもありません。橋上さんが口を酸っぱくして選手たちに言っていたのは、「考える野球」でした。例えば打席に立つ前に、この場面ではどういうバッティングをすればいいのか、どうすれば得点の可能性が高くなるのかを考えるのです。そこで大事なのが、自分の役割を認識し、身の丈に合った打撃をすること。これまでは長距離打者でもないのに、大振りする選手が多かったのですが、そのことを理解した昨シーズンはチームバッティングをする選手が多かったのです。それがチームの最大の悩みだった得点力不足の解消につながりました。

 さて、これまで4年間、プレーイングコーチとしてやってきましたが、今シーズンは専任コーチとして選手の指導にあたることになりました。僕が指導者として心がけているのは、成功も失敗も、その要因を選手と一緒に追求すること。というのも、僕自身、選手としてたくさんの指導者にアドバイスを受けてきましたが、どんなアドバイスにしろ、自分の心の中に引っ掛かるものがあると、吸収されないのです。ですから、選手と一緒にしっかりと要因を探り、会話を交わす中で選手を納得させることが重要だと思っています。

 一方、橋上さんの下で1年間やった中で教わったのは、指導者たるものは迷ってはいけないということです。「指導する者が迷っていては、選手にいい影響は与えることはできない。ドンと構えて、選手の道しるべにならなければいけない」というわけです。思い起こせば、昨シーズン、ランナーが三塁にいる場面でエンドランをしかけ、それが決勝点になって勝った試合がいくつかありました。普通、三塁にランナーがいる場面でエンドランというサインはなかなか出しづらいものです。バッターが空振りすれば、せっかくの三塁ランナーがムダ死にするからです。しかし、橋上さんは次の球が真っ直ぐなど、バットに当てられる球種だろうというカウントの際にサインを出すのです。つまり、きちんとした分析の下、根拠をもっての戦略だということです。そのことをチームは理解していましたから、選手自身も自信をもって実行に移すことができました。だからこそ、こうしたリスクの高い戦略も成功していたのです。僕も橋上さんのような“どっしり感”をもちながら、選手と一緒に考えていける指導ができればと思っています。