雑誌
2012年注目のニューカー ズバリこれとあれ
プリウスPHV

 スクープ班が選ぶ期待の新車5車!!リーマンショック以降元気がなかった日本の自動車。しかし、それから4年、日本発の新しい息吹が起こりそうだ。そんな2012年に注目したい車種を選んでみた!

 2011年末、東京モーターショーに合わせ、ニューカーの発表が相次いだ。11月のインプレッサのフルモデルチェンジ、ホンダの新しい軽自動車、N BOX、スズキのスイフトスポーツの追加もあった。12月にはいよいよハイブリッドの本命、トヨタアクアも正式に発表された。

 そして、2012年。年明け早々にレクサスGSも正式発表となるし、巻頭スクープでも紹介しているように、コンセプトカーながらホンダがついにNSXコンセプトを公開する。'08年末、それまで開発していたNSX後継車、V10のFRスポーツを中止、多くのホンダファンをがっかりさせたが、これでまたクルマ好きが戻ってくる予感がある。

 そう、2012年はクルマに大きな変化が起こりそうなのだ。そこでスクープ班が'12年のポイントとなるニューカーをリストアップ。スクープ班長と部員がそのポイントと選択理由などを探ってみた。

時代が変わる! リッター60kmのプリウスPHVがいよいよ市販開始!

スクープ班長(以下・班長) さあ、いよいよ2012年だね。

スクープ担当部員(以下・部員)

そうですね。'12年は何かが起こりそうな予感がしますね。

班長 '12年はマイナーチェンジなどを入れると30車種くらいは登場しそうな感じだ。

部員 震災でやはり開発が遅れたことが原因なんでしょうか?

班長 それよりも、'08年のリーマンショック以降、新車が売れなくなって、'09年、'10年あたりに新車開発が大きく見直されたんだね。開発には2~3年かかるから、その頃見直された車種が'12年ごろからどんどん出てくるっていうことだろう。

部員 なるほど。では'12年からのクルマは注目できるっていうことですね。'12年の年間スクープスケジュールは1月10日発売号で詳しくやるので、全体的な話はおいといて、1月にはレクサスGSがありますね。

班長 GSは'12年全体のニューカーのなかでは〝大物〟ではないかもしれない。高額だし、一般の人にとっては興味が低い。

部員 えーっ、トヨタはこのGSで相当な宣伝攻勢をかけるといわれてますよ。これにレクサスの未来をかけると。本当に危機感を持ってますよ。

班長 ま、実車を見てないからなんともいえないけど、そこまでやる気なら、BMW5シリーズあたりを買おうとしているユーザーを驚かすような大胆なデザインか仕掛けがほしかった。

部員 実際に見るといいんですよ。ただ、やはり'12年の注目車を5車種選ぼうという企画のなかには確かに入りませんね。

班長 そうだね。やはり'12年は1月30日から一般市販となるプリウスPHV(プラグインハイブリッド)から、いよいよクルマが変わるっていう感じがする。

部員 期待度、高いですよ。ただ、評論家の先生の評価は低いんですよ。価格が高いって。

班長 ノーマルのプリウスに対して45万円高くらいでしょう。その価格差で、ガソリン代は吸収できないけれど、ガソリンスタンドに行く手間は省けるよね。

部員 なにしろ!C08モードで61・0km/ℓですからね。普段の生活のなかではEV走行でまかなえるわけですから。トヨタはこのPHVを、本気で次世代のクルマ像として考えていますよね。

班長 これまでPHVを含め、ハイブリッドはEVや燃料電池車(FC)のつなぎ技術と見られてきたけど、EVはともかくFCとなるまではまだまだ10年や20年はかかりそうだもの。

部員 トヨタはそのFCを'15年には市販するっていってますね。

班長 入手した内部情報では'14年から生産開始で、月販250台程度、価格は800万円台ということだ。だから、売られるとしてもごく少数という感じだね。

部員 ええ、ちょうど'08年に三菱がi-MiEVを出して、それから3年。リーフを含め3年たった今、ようやく都内ではチラチラ見かけるようになったという感じでしょうか。FCが走りはじめて3年後の2018年あたりが、今EVを見かけるのと同じようにFCを見かける、という感じですかね。

トヨタ86

班長 それまでに、このPHVは急激に普及する可能性がある。欲をいえば、プリウスPHVはまったく新しいデザインにしてほしかったな。

 買うほうもせっかく45万円高く買っても、PHVっていうシールくらいしか変わらないものな。

部員 アウトランダーのPHVも12月に出ますね。こっちは70・0km/ℓくらい。平凡なプリウスPHVよりいいなァ。

スバルBRZ

班長 こういうクルマが出てくると世の中変わったっていう感じがし始めるよな。とにかく、'12年の注目車の一台であることは間違いない。

部員 じゃ、プリウスPHVは〝当確〟ということで。で、2月にはいよいよ待望のトヨタ86/スバルBRZが出ます。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら