雑誌
自動車メーカートップ自社以外で・・・・・・
「思い入れが深いクルマはコレ」

12月3日(土)、豪華すぎる5人が集まった!!

 来場者数目標80万人に対し84万以上が来場し、成功裏に閉幕した東京モーターショー。その初日の12月3日(土)、開幕イベントとして行なわれた「トークセッション」が実は凄いことになっていた! メーカートップ5人が集結したこと以上に、話の内容が濃く、かなり面白いものに! 会場にいなかった方のためにその時のもようを再現。放っておけない内容ですぞ!

テーマ「自社以外で思い入れが深いクルマは何?」

日産・志賀俊之COO=初代シビック
「学生時代、これとすごした時間が長かった

司会 本来であれば、これから登場する5人のメーカー社長さんが自社のクルマに乗るパレードが朝予定されていたのですが、残念ながら雨のため中止になってしまいました。

テリー 本当に残念ですよね。そのパレードでみなさん自らハンドルを握る予定でしたので、それにそなえて昨日みなさん周辺を走っていましたよ(笑)。

司会 実は、5人のみなさまには事前に「自社以外で思い入れが深いクルマ」を挙げてもらっています。その答えを紹介しながらご登場してもらいます!

トヨタ・豊田章男社長=2代目スカイライン
「ポルシェを抜いた瞬間、強烈な印象を抱いた」

 はじめは、「ホンダ初代シビック」とお答えいただきました、日産の志賀俊之COOさんです。

 続いては、「日産2代目スカイライン」とお答えいただいたトヨタの豊田章男社長です。

 3人目は、「スズキハスラー50」のバイクと答えられたホンダ技術研究所の社長、山本芳春さんです。自社以外というテーマですが、4人目はおひとりだけ自社のクルマを挙げた方です。

ホンダ・山本芳春技術研究所社長=ハスラー50「軽くて速い。僕の入門マシンです!」

テリー 掟破りですね! 誰ですか、その人は?

司会 「マツダコスモスポーツ」とお答えいただいた、マツダ社長、山内孝さんです!

テリー たしかに山内さんも昔はお金がなかったでしょうから、こういうクルマには乗れませんよ。憧れていたんでしょう!(山内社長、苦笑い)

マツダ・山内孝社長=コスモスポーツ「1台選べとなると自社だけどこれしかない!」

司会 最後の方です。「日産サニー」とお答えいただいた三菱社長、益子修さんです。(これで5人が出揃う)

司会 さて、まずは日産自動車の志賀さんは思い入れが深いクルマを「初代シビック」と答えられましたけど・・・。

テリー これは、どういう思い入れがあるんですか?

三菱・益子修社長=初代サニー「我が家に新車で来た時は本当に嬉しかった」

志賀 初代シビックは1972年登場ですけど、ちょうど私が18で免許をとった年。貧乏学生だったのでクルマには縁がなかったんですけど、大学時代に知り合った友人にカーマニアがいて、彼がこれに乗っていたんです。彼といつも行動を共にしていたのでシビックに乗っている時間が本当に長かったですよ。

テリー 当時、どこかヨーロッパの匂いがしましたよね。

志賀 そうでしたね。ちなみに、その友人はトヨタさんへ入社しました(笑)。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら