田原総一朗×堀義人(グロービス・グループ代表)×岩瀬大輔(ライフネット生命副社長) 「ぼくたちは自分のやり方でこの国を変えます」若手経営者に聞く3・11以降のニッポン VOL.4

2011年05月18日(水) 田原総一朗
upperline

堀: 三木谷さんもやられそうになりましたよ。

田原: うん。TBSにやられそうだったけど。

堀: 堀江さんや村上さんの場合、まず一つは、マスコミを買おうとしたことですよね。

田原: なるほどね。フジテレビを買おうとして、マスコミが敵になっちゃったわけだ。

 ところで僕は思うんだけれど、日本の政治がリーダーがいなくなってダメになったのは、金権政治がなくなったからですよ。僕は金権政治がいいと言っているわけじゃない。で、中曽根さんまでがリーダーとしてよかったというのは、金権だったからですよ。

 金権はよくないんだけれど、金権をやめた後の、新しい政治のマニュアルがなかった。だからごく最近まで、民主党で力を持っていたのは小沢一郎ですよ。あれは金権だから。これを検察が叩いたわけ。

 するとね、本当に金権政治がなくなったときに、カネなしでどうやって政治をするのかっていう方法がない。

岩瀬: そうするとポピュリスト的に、大衆迎合になってしまう。

田原: そう。だから消費税を上げられない。いまは完全に政治が大衆迎合になっているんですよ。これはどうすればいい?

堀: やっぱり、そういう候補者を選挙で落としていくしかないですよね。

田原: どうやって落とす? 現状を具体的に言うとね、いま民主党も自民党も公明党も全部菅を潰したい。でも菅を潰す方法がない。どうやって潰したらいい。

 まともに潰すには衆議院で不信任案を出す。で不信任案が可決される。ところがね、民主党の人数が多いから可決されない。

次ページ  じゃあ参議院で問責決議をやれ…
前へ 1 2 3 4 5 6 7 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事


underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事