[ボクシング]
杉浦大介「メイウェザー、パッキャオはそれぞれの道へ」

パッキャオ(右)はブラッドリーと、メイウェザーはコット(左)との対戦が決まった

 現役2大ボクサーによる最強決戦はやはり行われない運命なのだろうか。元恋人に暴行した罪で1月6日から収監される予定だったフロイド・メイウェザーだったが、その収監日当日に刑執行の延期が決定。5月5日に予定される次戦の挙行が可能になった時点では、誰もが熱望するマニー・パッキャオとの一戦が実現に向かうかと思われた。

 5月の試合後にメイウェザーが3カ月に渡って収監されるとなれば、2012年以内にもう1戦行なえるかは微妙なところである。メイウェザーは来週(2月24日)に35歳になり、パッキャオもすでに33歳。すでにピークは過ぎたと目される2人だけに、対決を来年以降に持ち越せば、もう本当に時期を逃してしまう感は否めない。

 そんな背景を理解してか、メイウェザーはツイッター上で、パッキャオはフィリピンメディア相手のインタヴューなどで直接対決希望をアピール。両者の言葉が盛んに報道されていた頃には、「もしかしたら、今度こそ」と多くの関係者に希望を持たせた。

正式な対戦交渉なし

 しかし、この決戦は結局はまとまることなく、2月に入って両雄はそれぞれ別の相手と5、6月に次戦を行なうことを発表した。関係者の話を聴く限り、当人同士の公での派手な発言があったとはいえ、両サイドの正式な交渉はどうも行なわれなかったようである。2人のドル箱ボクサーは誰と戦っても莫大な興行収入をあげるだけに、わざわざ直接対決させて敗戦のリスクを負いたくない。両陣営がそう考えたのだとしたら、その気持ちも理解できなくはない。

 対決すればとてつもない額の利益を得られはするだろうが、パッキャオが契約するトップランク社と、メイウェザーが提携するゴールデンボーイ・プロモーションズは興行収入を折半しなければならない。だとすれば、それぞれ自前の興行で利益を総取りした方が手っ取り早いと考えるのも筋は通っている(実入りは減るかもしれないが、手間とリスクが省ける)。

 ただ、そんな興行上の事情を理解した上でも、ファン、関係者は落胆を禁じ得ない。人気、実力を兼ね備えた世代を代表する2人のボクサーが、ほぼ同等の階級に揃うことなど、そう頻繁にあることではない。このまま両者が対戦を避け続けた場合、特にメイウェザーのレジュメには一点のシミが残ってしまう。2人が次戦を問題なく突破し、メイウェザーが刑期を首尾良く終え(品行方正なら短縮されることもあり得る)、11月についに相見えるという電撃的な展開に一縷の期待を寄せたいが……。