[自転車競技]
白戸太朗「ビーチでシクロクロス!?」

「シクロクロス」。この名前を聞いてもすぐにイメージできる人は僅かだろう。ツールドフランスに代表されるサイクルロードレース、山の中など不整地を走り回るマウンテンバイク(MTB)。この2つを掛け合わせたサイクルスポーツがシクロクロスということになる。ロードのスピード感とMTBの技術や走破性が必要なスポーツで、国内でも30年以上の歴史を誇る。しかし競技人口は極端に少なく数千人。ロードの100万人超、MTBの数十万人という単位からみるとかなり少ない。まだまだ国内では相当なマイナー競技なのだ。そのシクロクロスが、なんと東京有数の観光地であるお台場のビーチにやって来た!

ヨーロッパでは人気のタフな競技

大勢のギャラリーに見守られ、スタート!

 そもそもこのスポーツは、ヨーロッパのロードレーサーたちが冬場のトレーニングとして始めたものだと言われている。農地や森の中を走っている選手がだんだんと増えていき、有名な選手が走っているものだから、それを見に来る人が増えていく。そのうち見学者からお金を集め、選手の賞金にして、それを元にさらに選手を集めてというかたちで、発展してきた。トレーニングとして自然発生的に生まれたものが競技になり、興行に発展するという極めてわかりやすい発展を遂げてきたスポーツなのである。

 そのため、観戦しやすいのも特徴で、1周2~3㎞程度のコースを走り、競技時間は30分~60分という他のサイクルスポーツに比べて狭い範囲、短い時間で行われる。その中に舗装路あり、オフロードあり、障害物ありと、乗り手が忙しく状況の変化に対応しなければならない。必ず途中に下車をしなければ通れないシケインと言われる障害がおかれるのも特徴で、自転車を降りたり乗ったりするスムーズさや、自転車を担いで走るスピードも必要になるかなりタフなスポーツだ。なので、今でもロードレース選手が冬場のトレーニングを兼ねて走っているケースが多いのだが、純粋な種目としてもワールドカップや世界選手権があり、欧米では十分に盛り上がっている。特にベルギー、オランダ、チェコなどでの人気は高く、コース脇は観客で埋め尽くされるのが通常となっている。

お台場が凄いことに!

 さて、ヨーロッパでは熱狂的な人気を誇るこのシクロクロスも、日本ではマイナースポーツ。当然、開催できる場所探しも難航する。その結果、いつも人里離れた山中や公園で開催しなければならない状況だ。会場にいるのは選手とその関係者だけで、知らない顔がいると目立ってしまうほど。ところが今年から、雑誌が特集を組んだり、TV中継が始まったり、マニアな人たち以外にも興味を持つ層が急激に増えてきた。この10年で増えたロードレースファンが、その魅力に気づきだしたということなのか。そして、とうとうお台場で大会開催されたのだ。「シクロがとうとうここまできたのか」と既存の愛好者が言っていたが、確かに画期的なこと。ただ、開催にあたり、「一般の人は面白いと思ってくれるのか」「興行として成立するのか」「観客は集まるのか」と心配ばかりの準備期間。正直なところ主催者サイドでさえどうなるのか読めない状況だった。