雑誌
これでは子や孫の世代に申し訳ない
人口激減社会で「消えていくもの」一覧

ローンは組めない/宅配便は届かない
テレビは映らない/プロ野球もJリーグもない

まず住宅需要がなくなる

 長崎県は五島列島の最北端にある宇久島。人口3000人規模のこの島から、昨年夏、町民の楽しみがひとつ消えた。県立宇久高校野球部が、甲子園予選大会の1回戦で負け、廃部となることが決まったのだ。

 理由は部員不足。島の人口減少が進むのに比例して、野球部は近年、慢性的な部員不足に悩まされていた。最後となった大会には、サッカー部や陸上部などから部員を借りて出場。これ以上の存続は不可能だった。

 人口減少で、野球部消滅---いまのところ、これは「離島の特別なケース」かもしれない。しかしそう遠くない将来、部員不足に悩む高校野球チームは確実に増えていく。18歳以下の人口が年々減っていく中、高校野球人口も比例して減少。日本高野連によると、2011年5月時点で硬式野球部員数は16万6925人。前年から1563人減り、2年連続の減少となった。加盟校数は1年で25校減少、6年連続の減少である。人口減少・少子化の波は、高校野球界にも押し寄せている。

 とはいえ高校野球そのものは、学校がなくならない限り消滅することはない。だがプロ野球はどうか。

 観客動員とテレビ放映料の収益に依存するプロ野球。セ・リーグの'11年の観客動員数は約1179万人で、前年度比95・8%。パ・リーグは約978万人で、前年度比99・4%。「一時的な減少」と強がったとしても、10年後、20年後の人口減少を考えたとき、この規模の観客動員数を維持できるだろうか。

 さらに、プロ野球の視聴率は年々下がる一方である。プロ野球ファンの絶対数が減りつづければ、視聴率はますます低下し、テレビ局はプロ野球中継を止めるだろう。そうなれば、プロ野球は存亡の危機に立たされることになる。

 野球人口が減れば、バットやグローブの需要も減る。野球用具に触ったこともない子供が珍しくなくなる。野球やキャッチボールができる広い公園は「税金のムダ」と考えられ、姿を消す。

 日本で最も人気のあるスポーツ・野球でこうなのだから、他のスポーツはいわずもがなだ。Jリーグの2011年度の観客入場者数は約480万人。前年と比べて、なんと80万人の減少である。人口減少が進めば、さらに観客数は低下し、クラブの経営も立ち行かなくなるだろう。

 こうしてすべての競技で人口減少が進めば、日本のスポーツ競争力は低下し、オリンピックでメダルを獲得できない「後進国」となる。人口減少によって、日本から「金メダル」がなくなるかもしれない。

 このように、スポーツ関連だけを考えても、人口減少によって消える可能性のあるものがいくつも挙げられるのだが、

「間もなく迎える人口減少社会では、今の日本に存在するありとあらゆるものが消滅する、形を変える、あるいは規模の縮小を余儀なくされる恐れがあるのです」

 こう話すのは人口問題の研究を専門とする、上智大学の鬼頭宏教授だ。人口減少社会では、どんなものが姿を消していくのか。

 まず、人口の減少は世帯数の減少につながる。世帯数の減少によって、住宅需要が低下する。現に'05年には120万戸を超えていた新設住宅着工も、'11年度は83万戸に激減しているが、今後増加する見込みは極めて低い。

 新築が建てられなくなれば、トイレ、風呂、タンスなどの家具、さらには家電の需要減少にもつながる。

 住宅需要が減れば、その地域の地価は下がることになる。土地・住宅を持っていても資産価値の低下が避けられないのであれば、ローンを組んでまで一戸建て住宅を買う必要はないと判断する人も増えることになる。

 そもそも人口減少社会で働き手の賃金の伸び率が抑制されれば、給料が増えることを前提としてローンを組めなくなるので、ローンという仕組み自体がなくなってしまうかもしれない。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら