upperline

 東日本大震災に加え、タイの洪水被害の影響もあって、ホンダが苦境に立たされている。北米、国内ともに販売不振に直面したホンダに打開策はあるのか? ホンダの今を取材した

ホンダの躍進を支えてきた北米でのアコード、シビックの不振

 この10年間、波こそあれ、高い成長率を達成してきたホンダ。2010年度決算では営業利益が5697億円を達成。純利益額ではトヨタやNTTを抜いて初めてトップに躍り出たことは記憶に新しい。しかし、今年になって東日本大震災での部品供給の停滞に加え、生産拠点を持つタイ工場の洪水被害というダブルパンチをうけ、営業利益は大幅に減少することは確実。

 当初、2012年3月期の営業利益を2700億円と予想していたが、タイの洪水による影響が大きすぎ、未定としている。ちなみに東日本大震災の影響を受けた2011年4~9月期の営業利益は前年同期比81・1%減の750億円にとどまった。

 国内販売に目を向ければ、こちらも深刻だ。2011年度の上半期(4~9月)の登録車の販売台数は前年比67・3%の17万2939台、軽自動車も前年比66・0%の5万6145台と東日本大震災の影響をもろにかぶったカタチとなっている。左の表が示すようにトヨタとホンダが受けた影響はあまりに大きかった。

次ページ  その結果、登録車の新車販売は…
1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事