[サッカー]
田崎健太「広山が望むもの<vol.2>」

 ポルトガルのスポルティング・ブラガ、フランスのモンペリエHSC――両クラブでは出場機会が得られず、不完全燃焼だった。日本への帰国は、広山にとっては本意でなかったかもしれないが、2004年シーズン終了後、広山は東京ヴェルディへと移籍。05年シーズンはセレッソ大阪にレンタル移籍した。

02年、ドイツで行われたジョルジーニョ(現鹿島監督)主催の慈善試合。広山は世界選抜の一員として招待された。

 しかし、広山がパラグアイに行った時と日本の状況は変わっていた。98年以来、日本代表がW杯に連続出場したことで、日本のサッカーは世界に認知されるようになり、海外移籍は特別なものではなくなっていた。
  加えて2シーズン、出場機会が恵まれなかったことで広山自身、試合勘を失っていた。それでも、調子を取り戻せば、また海外でプレーする機会も来るだろうと広山は思っていた。

海外挑戦を控えた背景

 ところが――。
  レンタル先のセレッソからヴェルディに戻った06年、母親が癌であることが分かった。
  広山は中学生の時に父親を亡くし、母親の手で育てられた。母親は息子の試合を見るのが大好きで、頻繁にスタジアムへ足を運んでいた。ジェフ市原(現千葉)時代、熱心なサポーターはみな彼女と顔見知りだった。

 選手としていい状態のうちに、もう一度海外で挑戦してみたいという思いが頭をよぎったこともある。それでも、彼は母親のそばにいることを選んだ。
  広山は試合や練習以外の時間は母親の病室で過ごすようになった。

  08年1月に結婚式を挙げたのは、これまで苦労して自分を育ててくれた母親を安心させたいという気持ちからのものでもあった。その結婚式の一週間前、母親が倒れた。生死に関わる危険な状態だった。広山は式自体を取りやめようかとも思った。しかし、フランスからも友人が駆けつけることになっていたため、式は予定通り行うことにした。

 式の2日前のことだ。母親から電話があった。
式には必ず行く、という。その言葉通り、当日母親は病院からタクシーに乗り、車椅子に乗って式に参列した。
  広山の友人たちは、「久し振りです」と母親の周りを取り囲んだ。顔色も良く、誰も深刻な病状だとは思わなかった。

 しかし、病は確実に進んでいた。
その年の11月2日、広山は西が丘での天皇杯・ヴェルディ対サンフレッチェ広島の試合を終えて、病室に向かった。
  翌朝未明、母親は息を引き取った。最期を看取れたことが、最後の親孝行になったかなと思った。このシーズン終了後、ヴェルディとの契約が終了し、広山はザスパ草津に移籍した。