[サッカー]
田崎健太「広山が望むもの<vol.1>」

モンペリエ時代の広山望

 久し振りに広山望の名前を報道の中に見つけたのは、2010年11月19日のことだった。
  J2のザスパ草津が、広山たち、数人の選手と来年度の契約を更新しないと発表したのだ。

 2010年シーズンで2年契約が終了することは知っていた。残念ながら、日本のクラブは年齢で選手の線引きをすることが多い。広山は33才になっていた。試合には出場していたものの、来季の契約は危ういことは予想できた。

選んだのは現役続行の道

 サッカー選手に限らず、プロフェッショナルなアスリートは不安定な職業である。世界に名が知れ、桁外れの年俸、コマーシャルなどの収入を手にすることができるのは、ごく一部に過ぎない。多くの選手たちは、新たに契約が結んで貰えるかどうか、内心怯えながらシーズン終了を迎えるものだ。契約更新がなかった場合、どんな道に進むのか、考えなければならない。

 キャリアの終盤に向かい、不安でないはずはない。ぼくは広山に励ましの電話を掛けようかと、携帯電話をとった。
  しかし――。
  ぼくが連絡を入れても、気休めにもならないだろう。彼は弱みを見せるのが嫌いだというのも分かっていた。報道によると、広山は現役続行を希望しているという。次のクラブとの契約がまとまってから、連絡を入れようと思い直して、携帯電話を閉じた。

 正直なところ、ぼくはしばらく広山の名前を忘れていた。
というのも、ぼくはひょんなことから、安田忠夫というプロレスラーの引退興行を引き受けることになったからだ。
  ぼくは物書きであり、興行の経験はない。そんなぼくが格闘技の聖地である、後楽園ホールを借り切ることになった。選手の手配、切符やポスターの印刷など、分からないことばかりだった。仲間の手を借りて、翌年2月4日の興行を無事に迎えようと必死だった。


  そんな中、12月14日に大阪の長居陸上競技場で行われたJリーグトライアウトに、広山が参加したという報道があった。しかし、彼の契約が決まったという話は聞かなかった。