雑誌
大地震 みなさん、準備は出来ていますか
「この1年の間に来る」と話す地震学者たち

 大地の揺れは今も治まらない。東京直下型地震が警戒される中、地震は富士山近くなど、関東以西でも起こり始めた。本当に危ない場所はどこなのか。危機の真っ只中にあるのは、首都だけではない。

M8クラスの可能性大

 首都圏、そして東北地方を中心に、地震が治まっていく気配が見えない。

 気象庁が観測している1月26日~2月1日までの1週間の地震発生状況を見ても、関東・東北は特に地震が多発している。

「3・11」の震源域付近が相変わらず揺れ続けているのはもちろんだが、茨城県沖~千葉県銚子沖、さらにその内陸部と、首都・東京に近い場所で地震が頻発しているのは、不気味としか言いようがない。

「東京直下でM7級の大地震がもうすぐ起きる」

 東京大学地震研究所が公表したデータが、首都圏を震撼させている。「4年以内に70%」という数字は、まもなくほぼ確実に大地震が起きることを意味する。

 また、これまで本誌が繰り返し報じてきたように、東京直下型同様、房総沖付近を震源とするM8クラスの巨大地震にも、依然として警戒が必要だ。一向に減らないその周囲の地震が、警報の代わりだと見る必要があるだろう。

 だが、今回の取材で、実は「危険な場所」は何も東京近郊だけに限らないことが判明した。首都直下型地震は、4年どころか、1年以内、もしかすると明日にも起こるかもしれない。そして、そうした〝1年以内に地震が起きてもおかしくない場所〟は、東京以外にもあるというのだ。

「3・11」の東日本大震災について、その発生の可能性を「2005年±5年」「M8・5クラス」などと予測していたことで知られる、琉球大学名誉教授の木村政昭氏はこう語る。

「今後、危険なのは三陸の沖合で起こる〝アウターライズ型〟の地震です。これはM8クラスになる可能性があり、3・11クラスの津波が再び押し寄せる可能性も否定できません」

 アウターライズ地震とは、3・11の巨大地震と、日本海溝を挟んだちょうど反対側(東側)で起きる地震のこと。実は、独立行政法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)の調査でも、3・11の後に三陸沖の海底における岩盤(太平洋プレート)の力関係が変化したことが観測されている。その結果、M8クラスの地震が起きる可能性が高まっているというのだ。

 もともと三陸沖では、いったん津波を伴う巨大地震が起きると、しばらく後に、再び同じような地震・津波に見舞われる、というサイクルが繰り返されてきた。この〝2度目〟の津波を起こすのがアウターライズ地震というわけだが、その警戒感は今、最大限に高まりつつある。

 一方、東日本の内陸部、「新潟など中越地方が危ない」と警告するのは、立命館大学歴史都市防災研究センターの高橋学教授(地理学専攻・環境考古学)だ。

「東日本大震災が起きたのは、宮城沖の北米プレート上ですが、本州を挟んで同じプレートの西側、つまり新潟方面に向け、震度1クラスの微小な地震が起きている痕跡があります。これは、新潟付近で地震が起きる際に見られるパターンの一つなのです」

 周知のように、震度7を記録して68人の死者を出した2004年の新潟県中越地震(M6・8)など、中越地方もまた、たびたび地震災害に見舞われる場所だ。この地方では、日本海側の沖合を震源とする地震が2007年にも起きており(新潟県中越沖地震、M6・8)、後に起きた東日本大震災との関連性も指摘されている。

「いまこの地方で大地震が起きると、危惧されるのはここが豪雪地帯だということです。中越地方は、今からおよそ6000万年前から200万年前ごろまでに、海の底にあった地層が陸になった場所で、非常に地滑りを起こしやすい。真冬のこの時期に地震が来たら、雪の重みと相まって家屋が潰れるなどの被害が予想されると同時に、大規模な地滑り、雪崩が起きる可能性があるのです」(前出・高橋氏)

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら